知っておきたい今どきの離乳食5つの常識

カテゴリ名:
コミュニケーション

現在1歳の娘を育てているライターの榎しおこです。子どもが生まれる以前は大雑把で割と適当な性格だったものの、産後は何かと神経質になった気がします。そうとはいっても、私の場合は普通の人になったくらいなのかもしれませんが……。

私のことはさておき、産後は神経質になるママさんが多くなります。とくに母乳やミルクから通常の食事への準備になる離乳食に関しては、こだわりやルールを守っている人が非常に多いです。また、周りのママさんや育児の先輩たちからの話を聞くと、昔と事情が変わっているところもある様子。今回は今どきの離乳食事情についていくつかお話ししていきましょう!

1.果汁を与えるのは生後5カ月以降・離乳食がスタートしてから

以前は母乳やミルクにビタミンが少ないと言われていたため、不足分を補うために早くから果汁を与える習慣がありました。また、離乳食は始まる前にミルク以外のもので慣らすために果汁が推奨されていた時期もあったそうです。

しかし、現在は母体の栄養面も改善され、さらにミルクも栄養価が上がっています。そして離乳食が始まる前に、あえてアレルギーを引き起こす可能性のある果汁を与えなくても良いといった指導に変化しました。現在は「低月齢に果汁は必要ない」と指導をされています。そして果汁は甘く、子どもにとっては魅力的なものです。栄養士さん曰く、稀に野菜を嫌う子も出てくるのだとか。

果汁は離乳食が始まってからしばらく様子を見てから少しずつあげるのが一般的になってきています。

2.箸やスプーンを大人と共有するのは絶対にダメ

以前は大人の箸やスプーンで「あ~ん」とご飯をあげていましたが、現代ではNGです。理由は虫歯の原因となるミュータンス菌を子どもの口内に入れてしまうことになってしまうため。私は「3歳くらいまでは共有しないように気をつけるべき」と指導されましたが、人によってさまざま。できるだけ大人とは共有しないといったママさんも多いので、「あ~ん」をするときには使っていない箸やスプーンを使用した方が良いかもしれません。

もうご存知の方も多いと思いますが……昔の離乳食にあった「大人が噛んだものを子どもに与える」は絶対にNG。激怒されます!

3.離乳食を始める時期は子どもによって違ってOK

昔は●か月になったら離乳食を……など月齢でスタート時期をそろえられている傾向があったそうです。現在はだいたいの目安で5-6カ月ごろからスタートとされていますが、「食べ物に興味をもつ」「首がすわっている」「支えれば座れる」の3つがそろった時期にはじめてくださいと指導を受けました

そのため、5カ月に入ってすぐにスタートさせたママさんもいれば、7カ月からのんびりと~といったママさんもいます。あまり焦らせず、ママさんの考えやペースに任せて大丈夫です。ちなみに我が家は6か月半すぎからスタートしましたが、周りと比べてほんの少しだけ遅いかな?といった印象でした。

4.離乳食をスタートしても母乳やミルクはそのまま続けて良い

離乳食というと、母乳やミルクを卒業するための食事といった印象が強いですよね。実際に通常の食事を摂れるようになる練習のようなものですが、スタートしたからといって母乳やミルクをすぐに卒業させる必要はありません

まずは離乳食のあとに母乳とミルクといった流れにして、食べる量が増えてから少しずつ減らしていくのが一般的です。「離乳食をスタートさせたから、すぐに量を減らして!」と焦らなくてOKといった指導になっています。

5.1歳未満にハチミツを与えてはいけない

2017年は国内初のボツリヌス菌中毒で生後5カ月の乳児が死亡する事故が起こりました。原因は離乳食に用いたハチミツ。1987年以降、1歳児未満にはハチミツを与えてはいけないと告知されるようになったのです。それよりも前は与えても問題がないとされているどころか、甘くて滋養があるからと推奨されるケースもありましたので、息子や娘が30歳以上の方は要注意です。

この他、子どもに与える際には注意が必要な食物についてはこちらの記事にまとめましたので、あわせてチェックしてくださいね。⇒1歳未満にハチミツはNG!もう一度おさらい…乳幼児期に気を付けたい食材

まとめ

1.果汁を与えるのは生後5カ月以降・離乳食がスタートしてから
2.箸やスプーンを大人と共有するのは絶対にダメ
3.離乳食を始める時期は子どもによって違ってOK
4.離乳食をスタートしても母乳やミルクはそのまま続けて良い
5.1歳未満にハチミツを与えてはいけない

上記の5つのポイントはあくまで基本の事柄。家庭によっては他にもルールがあることも珍しくはありません。また、自治体や参考にしている本によっても少々異なるケースもあるでしょう。もしお孫さんにご飯やお菓子、飲み物をあげるときには、一度ママに確認してからの方がトラブルを避けられますよ。

この記事を書いた人

榎しおこ

群馬県出身・都内在住。現在は2016年3月生まれの娘を子育て中です。

以前は女性向けWEBコンテンツ製作会社にて企画と運営を約5年間経験し、以降フリーライターとして活動。現在は娘に振り回されつつも「コミュニケーション」「生き方や働き方」「終活」をメインに執筆し、WEB媒体や雑誌・フリーペーパーに寄稿しています。趣味は国内旅行。独身時代は一人リュックサックを背負い、全都道府県を制覇しました。

▼合わせて読みたい。榎しおこの「子どもコミュニケーション」記事▼

【0~3歳まで年齢別】プレゼントの参考に…子どもが喜ぶおもちゃ
現在1歳の娘を育てているライターの榎しおこです。先日娘のおもちゃ箱を整理していたとき、そういえばもう触らなくなったな……と感じるアイテムがい...
0~3歳くらいまで・目安の年齢付き!子どもに人気のキャラクターって?
現在1歳4カ月の娘を育てているライターの榎しおこです。最近幼児であれば誰でも一度は通る道だと言われている「アンパンマン」に興味を持ちだしまし...
保育士さん直伝!「もっとお話し聞かせて」と子どもをひきつける話し方とは?
現在1歳になった娘を育てているライターの榎しおこです。先日保育士のママさん(お子さんは3歳)と話をする機会がありました。最近話せる単語が増え...

最新記事一覧