超進化!今現役で使っているママが多い育児グッズをご紹介

カテゴリ名:
コミュニケーション

現在1歳の娘を育てているライターの榎しおこです。以前我が家に区の助産師さんが訪問してきたとき、「最近の育児グッズは便利になっているから、若いお母さんたちに教わることも多いんですよ」と話していました。実際に私が父や母の前や地域のお年寄りの前で使用していると、便利そう!と声をかけられるシーンも多かったです。

今回は私の周りやインターネット上で使用しているお母さんが多い便利育児グッズをご紹介します。息子さんや娘さんとの会話のきっかけやプレゼントの際に役立ててくださいね!

抱っこ紐はエルゴが定番!ただし新定番の予感も……

育児グッズの中で欠かせないのが抱っこ紐。前に赤ちゃんを抱っこしているお母さんを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。その中でも人気が高いのがErgobaby(エルゴベビー)、通称エルゴです。2003年にハワイで誕生したエルゴは今や50か国以上で販売。日本でも大ヒットしており、もはや定番化しています。実は私も愛用しているのですが、肩と腰に重さが分散されるため、疲れにくく動きやすいです。しかも新生児から使用ができ(一部のエルゴでは別売りの首を支えるインサートが必要)、大変重宝しています。もし今後購入するのであればErgobaby ADAPT(エルゴベビー アダプト)がおすすめ。先述したインサートが不要で落下防止のベルトなどが装備されています。

Ergobaby – エルゴベビー公式サイト 公式HP
引用 http://www.ergobaby.jp/

圧倒的なシェアを誇るエルゴですが、実は最近増えているなーと感じる抱っこ紐があります。まだ月齢の低い赤ちゃん連れのお母さんが抱っこひもで横抱きしている姿を見かけるようになったのです。さまざまなメーカーが販売し始めているのですが、その中でも目にする頻度が高いのがApricaのコランシリーズ。実際に使用しているお母さん曰く、新生児から楽に横抱っこができ、通気性も抜群。だっこ紐の口元に近い部分はよだれで濡れてしまうことがあるため、必須ではないものの他の抱っこ紐では別途よだれを吸収するためのパッドを使っているパターンがほとんど。コランはよだれパッドが標準装備されているため、買い足しが不要。赤ちゃんも快適そうとのことで、今後ますますシェアが増えていきそうです。

ベビーカー・チャイルドシートのアップリカ | Aprica公式サイト
引用 https://www.aprica.jp/

首すわり前から使えるベビービョルンのバウンサー

ちょっと手が離せないときや、抱っこから手を放すとすぐに泣いてしまうとき役立つのがバウンサー。その中でも人気が高いのがベビービョルンのバウンサーバランスソフトです。生後3週間から使用可能で、ベルトを外してチェアとして使えば2歳までOK
揺れも自然で優しいながらも大き目のため、そのまま寝てしまう子も多いそうです。軽量で折り畳みも可能なので、コンパクトな部屋でも気にせず使えますし、車での持ち運びも楽々。さらにミルクの吐き戻しや離乳食で汚れてもシートが洗えるため、いつでも清潔な状態をキープできます。
私は別のバウンサーをお下がりでいただいていたので使っていなかったのですが、他のお母さんたちからアツく支持されていました。また、ベビービョルンはスウェーデンを拠点とするベビーメーカー。スタイリッシュで洗練されたデザインがいい!とも見た目の評価も高かったです。


【公式】BabyBjorn – ベビービョルン オフィシャルウェブサイト
引用 https://www.babybjorn.jp/

コロンとしたかたちがかわいいBumbo(バンボ)

赤ちゃん用の初めてのチェアとして人気が高いのがBumbo(バンボ)です。コロンとしたソファのようなかたちをしており、身体をすっぽり包み込みます。だいたい首すわりから1歳2カ月くらいまで使用できるチェアです。私も使っているのですが、グズったときに視線が変わっておもしろいのかご機嫌になり、何度も助けられました。また、離乳食のときのイスとして使ったり、ハイハイ時期に家事で手が離せなかったりした際に使用していました。また、外食をする際に座敷席に持ち込んで使用したこともあります。
一つ問題としてぽっちゃり気味や太ももがむっちりしたタイプの赤ちゃんには小さくて入らなかった……という話をよく聞きます。大型赤ちゃんグッズ販売店の「ベビーザらス」などで実際に座れるのかを確認してから購入することをおすすめします。バンボが小さかった場合は同じような乳児から使えるチェアでHUGABOO(ハガブー)など別タイプを検討しても良いでしょう。
ちなみにうちの娘は検診で首が座った認定をもらったタイミングで購入。そのときはまだ首も腰もふらふらなので前のめりになってしまうことが多く、できるだけ使用は避けていました。4カ月くらいで首がしっかりしてからは度々使用し、6カ月半からの離乳食で大活躍。もうすぐ1歳4カ月で体重9キロ程度ですが、現役で活躍しています。

【バンボ(Bumbo)公式】バンボベビーソファ通販
引用 http://www.coming-shop.co.jp/SHOP/10283/list.html

ストローの練習ならリッチェルいきなりストローマグ

離乳食が始めるころ、同時に哺乳瓶以外で飲む練習を始めることになります。スパウトと呼ばれる飲み口などさまざまな形状があり、ステップを踏んで最終的にはストロー⇒コップへとすすんでいきます。最近ではステップを極力飛ばし、いきなりストローに進むお母さんが増えているそうです。実は私もそうでした。
そんなお母さん方の愛用率が高いのがリッチェルいきなりストローマグです。蓋部分にボタンのようなものがあり、プッシュするとストローから飲み物が上がる仕組み。うちの娘はやや苦戦したものの8カ月くらいのとき、これで吸い込む動作を覚えました。
リッチェルいきなりストローマグはその後も使えるストローマグとのセットになっているパッケージがあるので、そちらをプレゼントすると長く使えるため喜ばれるかもしれません。

ベビー用品 | 株式会社リッチェル
引用 https://www.babybjorn.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回紹介した育児グッズは現在使用しているお母さんが多いものばかり。何かプレゼントをするときに役立ててくださいね。その際には一度「○○をプレゼントしたいのだけれど、どう?」と声をかけてみると、実はもう用意していた……というトラブルを防げますよ。

この記事を書いた人

榎しおこ

群馬県出身・都内在住。現在は2016年3月生まれの娘を子育て中です。

以前は女性向けWEBコンテンツ製作会社にて企画と運営を約5年間経験し、以降フリーライターとして活動。現在は娘に振り回されつつも「コミュニケーション」「生き方や働き方」「終活」をメインに執筆し、WEB媒体や雑誌・フリーペーパーに寄稿しています。趣味は国内旅行。独身時代は一人リュックサックを背負い、全都道府県を制覇しました。

▼合わせて読みたい。孫とのグッズ特集▼

動物園・公園…孫と外出するときにあると便利なグッズをご紹介
暖かな季節になると外出するのも気持ちが良いですね。せっかくだから自宅に遊びにきたお孫さんと自宅を出て遊びに出かけよう~となるシーンも増えるは...

最新記事一覧