孫ウケもママ受けも抜群!木製おもちゃの5つの魅力

カテゴリ名:
コミュニケーション

1歳の娘を育てているライターの榎しおこです。娘は最近ますます体力がついてきて、一日一回の公園遊びが欠かせません。天候が悪い日は頻繁に児童館や子育て支援センターといった室内の遊び場を利用しています。そこで人気なのが木製のおもちゃ。子どもたちはプラスチック製も好きなのですが、木のおもちゃがあると積極的に手を伸ばして遊んでいます。

そして、木のおもちゃはお母さんたちにも人気。もらってうれしかったプレゼントは?といった世間話をしていると、絵本と並んで木のおもちゃ!という話題になります。実際に私も出産祝いでいくつかいただいてのですがうれしかったですし、娘も楽しそうに遊んでいます。なぜ木のおもちゃは子ども、そしてお母さんたちに人気なのでしょうか?今回は木製おもちゃの魅力を5つご紹介していきます。

▼ 前回記事を読んでない方はこちらも ▼

【0~3歳まで年齢別】プレゼントの参考に…子どもが喜ぶおもちゃ
現在1歳の娘を育てているライターの榎しおこです。先日娘のおもちゃ箱を整理していたとき、そういえばもう触らなくなったな……と感じるアイテムがい...

木製おもちゃの魅力1.他の素材にはないぬくもりを感じる

同じくらいの大きさや色のついた箱であっても、プラスチック製よりも木製の方があたたかみを感じませんか?実際に触れてみると、木製の方が柔らかな温かさを覚えるはず。プラスチックやシリコンといった素材より、木は熱が伝わりづらい特性をもっています。

そのため、触れたときに人肌に近いぬくもりを感じられるのです。冷たかったり、熱かったりするおもちゃよりも、ふんわりと温かい方が手に取って気持ちが良いもの。思わず触れていたくなることから、あきやすい子どもが長時間遊んでくれるメリットも生じます。

木製おもちゃの魅力2.想像しながら遊べる

木製のおもちゃはプラスチック製などと異なり、素材の特性から非常にシンプルなデザインが多いです。そのシンプルさが子どもの想像力を鍛えると言われています。例えば色のついていない無垢の素材の積み木は想像する力が無限に広がるおもちゃ。長方形の積み木を救急車に見立てて遊んでいる子もいれば、同じパーツでも消防車に見立てている子もいます。

プラスチック製のおもちゃはカラフルで子どもの興味をひきますが、「赤だから(白い)救急車ではない」「赤だから消防車だ」と無限に広がる子どもの想像力に制限をつけてしまうことになり、非常にもったいないです。カラフルなおもちゃも子どもは好きなので必要ですが、想像力を培う木のおもちゃも同時に遊びに取り入れたいですね。

木製おもちゃの魅力3.舐めても安心

娘がまだ0歳児のころ、子育て支援センターのスタッフの方に「このくらいの月齢の子は舐めるのが仕事だからね」と言われたことがあります。経験者の方も多いと思いますが、0歳児は本当に何でも舐める!木製のおもちゃは舐めても安心です。プラスチックやシリコン製のおもちゃは傷がつくと、そこから菌が繁殖しやすくなります。木製は他のおもちゃに使われる素材よりも傷がつきにくく適度に柔らかい素材。舐めるだけでなく、歯が生え始めた子が噛んでも◎。

木製のおもちゃの中には着色されているタイプもありますが、食品衛生法に基づく試験をクリアしているので安心。輸入品も通常のルートで購入すれば、安全性が認められています。

木製おもちゃの魅力4.耐久性が高い

我が家には0歳児だったころに娘が使用していたプラスチック製のおもちゃがあるのですが、見事に傷だらけです。歯でガジガジしたあとがはっきり残っているので、とてもお下がりに渡せるものではありません。一方、木製は傷がつきにくいこと、そして素材が劣化しにくいことから長く使うことができますし、お下がりに出すことも可。プレゼントして贈った際にも、長く使ってもらえるとうれしいですよね。

また、木製の場合は使用感が出てもそれが味になったり、かえって手に馴染んで子どものお気に入りになったりすることがあります。遊んだときについた小傷もあたたかみになるのは木製のおもちゃならでは!ですよね。

木製おもちゃの魅力5.自然の素材で癒し効果がある

森林浴に行くと日々のストレスから解放され、気持ちがスッキリしますよね。森の中ほどではないものの、木材には癒し効果があると言われています。先日幼稚園見学にいった際、その施設は近年リフォームしており、随所に木材を使うようにしたそうです。おもちゃも木製のものを積極的に導入したのだとか。

その理由は「癒し効果への期待」だそうで、実際に子どもたちが以前よりのびのびと笑顔で遊んでいるように感じられる……と保育士さんたちが話していました。その話を聞いて、娘用に積み木を購入しようと検討中です。

まとめ

もう一度おさらいすると……

1.他の素材にはないぬくもりを感じる
2.想像しながら遊べる
3.舐めても安心
4.耐久性が高い
5.自然の素材で癒し効果がある

木製おもちゃに興味をもっていただけたでしょうか?生後間もなく安心してプレゼントできるものから、小学校に入学しても遊べるものまでさまざまなタイプの木製おもちゃがあります。良質且つ長く遊べるおもちゃはなかなかありません。今度のお孫さんへのプレゼントに贈ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

榎しおこ

群馬県出身・都内在住。現在は2016年3月生まれの娘を子育て中です。

以前は女性向けWEBコンテンツ製作会社にて企画と運営を約5年間経験し、以降フリーライターとして活動。現在は娘に振り回されつつも「コミュニケーション」「生き方や働き方」「終活」をメインに執筆し、WEB媒体や雑誌・フリーペーパーに寄稿しています。趣味は国内旅行。独身時代は一人リュックサックを背負い、全都道府県を制覇しました。

▼合わせて読みたい。榎しおこの「子どもコミュニケーション」記事▼

【0~3歳まで年齢別】プレゼントの参考に…子どもが喜ぶおもちゃ
現在1歳の娘を育てているライターの榎しおこです。先日娘のおもちゃ箱を整理していたとき、そういえばもう触らなくなったな……と感じるアイテムがい...
0~3歳くらいまで・目安の年齢付き!子どもに人気のキャラクターって?
現在1歳4カ月の娘を育てているライターの榎しおこです。最近幼児であれば誰でも一度は通る道だと言われている「アンパンマン」に興味を持ちだしまし...
保育士さん直伝!「もっとお話し聞かせて」と子どもをひきつける話し方とは?
現在1歳になった娘を育てているライターの榎しおこです。先日保育士のママさん(お子さんは3歳)と話をする機会がありました。最近話せる単語が増え...

最新記事一覧