子供が自立したらペットを飼うのもあり?動物の”癒し力”

カテゴリ名:
コミュニケーション

お子さんが自立し、自分の時間がグッと増えてくるアクティブシニア世代の皆さま。

これまで家族のために費やしてきた時間が自由になると、何だか手持ち無沙汰を感じることも出てくるかもしれません。
何か新しく趣味でも探してみようか…そう考えている方も多いかもしれませんね。

そこで伺いたいのですが、皆さんはペットについてどう思いますか?
実は動物を飼っているお宅は、60~69歳では36.47%、70歳以上でも24.1%にのぼるといわれているのです。動物と接していると癒される、賑やかで楽しいなど、きっとその理由は様々でしょう。

実は動物とのコミュニケーションは、私たちの人生にとって非常に有益なもの。今回はアクティブシニアの皆さんにこそご紹介したい、動物と触れ合うことで得られるメリットをご紹介したいと思います。

ホルモンの変化

癒される…動物を撫でてこう感じている時、実は体の中では大きな変化が起こっています。

あなたの体に癒しをもたらしてくれているものの正体は、実は「ホルモン」。
動物と接すると、体内に様々なホルモンが排出されるんです。では、それは一体どのようなホルモンなのでしょうか?

一般的なホルモンの解説はこうです。

ホルモンはからだのさまざまなはたらきを調節する化学物質です。からだの外側・内側で環境(かんきょう)の変化が起きても、からだのはたらきを常に同じになるように保つはたらきをしています。

http://chugai-pharm.info/

・オキシトシン

通称「愛情ホルモン」と呼ばれるホルモン。

出産や授乳にも関係しており、人同士のボディタッチなどでも排出されます。

血圧を低下させ、ストレスホルモンの血中濃度を減らすことによって、情緒が安定。それだけでなく、痛みの緩和、認知症の症状軽減にも役立つといわれています。

・セロトニン

気持ちを落ち着かせ、感情をコントロールしてくれるホルモンがこのセロトニン。体内時計を安定させたり姿勢を支える筋肉のサポートをしたりするなどの重要な役割を担っています。
エストロゲンと共に、加齢によってセロトニンも減少すると言われており、そうなると更年期障害も重たくなってしまうんです。

・フェニルエチルアミン

消化を促したり、ウエストを引き締めたりする効果があるとされるこのホルモンは、「恋愛ホルモン」とも呼ばれています。美白や美肌効果をもたらし女性を美しくしてくれるフェニルエチルアミン。
誰かと恋に落ちた時の高揚感は、実はこのホルモンの仕業なんですよ。

いかがですか?
動物と触れ合うだけでこんなにも色々なホルモンが分泌され、体に明確な変化があらわれるんですね。

心臓疾患を患っている方に対する調査では、ペットを飼っていない人の死亡率が28.2%であったのに対しペットを飼っている人ではなんと5.7%だったという結果も出ています。

アニマルセラピーという言葉もだいぶメジャーになってきましたが、対人関係で深く傷ついた人の心の治療にも動物たちが役立てられているんですよ。

動物とのコミュニケーション

pet2

それでは、動物とのかかわり方には一体どのようなかたちがあるのでしょうか?

・犬を飼う

大昔から人類のパートナーでいてくれている、犬。

ペットならば、犬を飼っている方が最も多いのではないでしょうか。犬を飼った際の一番のメリットは、散歩のために出歩くようになることです。アメリカでは健康のため、一週間あたり150分以上の散歩が推奨されています。

これは一日30分の散歩を行うだけで、余裕でクリア出来てしまう数字。

有酸素運動でもある犬の散歩を日常的に行うことで、男性なら0.44歳、女性であれば2.79歳の健康寿命が延びるといわれているんです。

 一般社団法人ペットフード協会の調査では、犬を連れて散歩すると、男性で0.44歳、女性では2.79歳、健康寿命が延びるとの結果が出たという。

news.nifty.com

家に閉じこもることがなくなりますし、外に出れば飼い犬を通して人とのコミュニケーションもうまれます。

・猫を飼う

逆に、散歩に行くのが難しいという方は猫がいいかもしれません。猫のメリットはしつけの楽さと、そのタフさ。キレイ好きの猫は、トイレのしつけも犬よりずっと簡単です。

さらに、犬よりも放っておかれることを苦にしないので、多少構ってあげられなくても大丈夫。

一泊二日程度の外出なら、餌さえ用意しておけば気ままに過ごしていてくれます。毎日散歩に行くのに不安がある方、または、家を空けがちな方は猫と相性がいいかもしれません。

・カフェを利用する

「猫カフェ」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。

猫カフェとは、お茶をしながらお店で飼われている猫と触れ合うことが出来るカフェのこと。

猫カフェ

引用元:nekogazou.com

最近では猫だけではなく、ウサギや鳥、フクロウ、なんと爬虫類と触れ合えるカフェまで出てきています。

飼えないけどたまに癒されたい、何が飼いたいか決まらない…そんな方は、こういったカフェを利用してみるのはかがでしょう。

先程ご紹介したホルモンですが、排出に必要な時間は15分程度。カフェを訪れて15分も動物を撫でていれば、十分その癒し効果を得ることが出来るんですよ。

まとめ

動物と触れ合うことによって得られるメリット、お分かりいただけたかと思います。

ただ、動物たちが私たちに与えてくれるものは単なる癒しだけではありません。愛情を与えれば、彼らは必ずそれを返してくれるのです。

私たちを信頼し、黙って悩みを聞き、そして悲しい時には寄り添ってくれます。言葉は喋れずとも、彼らは私たちの話を理解し、そしてかけがえのないパートナーになってくれるでしょう。

人間には母性本能や父性本能といった「世話を焼きたい」という欲求があります。

何かを愛し世話をして、そして信頼されたいという感情は人間誰しもが少なからず持っているもの。

お子さんが巣立ち「何だか物足りない」と感じている方はその自由になった時間を新しい家族のために使ってみてはいかがでしょうか。あなたの愛を待っている小さな命がどこかにいるかもしれません。

最新記事一覧