地域へ貢献することで得られるものとは?

カテゴリ名:
社会貢献

地域へ貢献することで得られるもの

地域へ貢献することで、実はさまざまなメリットを得ることになります。

生活をしていくうえでも特に年齢を重ねるほどに、地域との付き合いは深くなります。社会で働いている間は会社関係の付き合いがメインであったとしてもそこから離れてしまえば日常の生活の中で最も身近になるのは地域です。

仕事などをしていれば社会とのつながりはありますが、その時代を通り越した先にあるのは地域との密着をした生活なのです。まず、出来ることは進んでしておくことでいざという時には助けてもらえるという、助けあいで成り立っているような部分もあります。

一人ひとり力は弱いとしても常に地域と関わっていれば、いざという時に何倍にも頼りになります。

貢献することが生きがいにもなる

地域のために何か役に立つことをすることで、本人にしてみても必要とされるのでそれが生きがいにもなりやすいです。

年齢を重ねていくごとに地域のために何か役に立つことをすることで、本人にしてみても必要とされるので、それが生きがいにもなりやすいということがあります。

また、年齢を重ねていくごとに、人のライフステージは変わっていきます。社会で働いている時には会社で必要とされていますし、子育ての時にはお子さんにも旦那さんにも必要とされるでしょう。

しかし、そのライフステージが終わって、次の段階に進む時に、今度は何がつながりになるかを考えることになります。

会社に勤めているわけでもなく、子育てが一段落をすると、今度はつながりが乏しくなる方が意外と多くいます。

それは社会とのつながりもですし、子供も一人で自分の人生を歩んでいきますので、自分の人生は何だったのかと、向き合う時期が来ます。

その時にただ孤独に陥るのではなく、人間とのつながりを思い起こして、新しいライフステージを前向きに進むことが肝心です。

今まで時間に追われる生活を送っていた人は、急に時間ができると、その時間を上手に使うことがなかなかできない傾向にあります。

人間が生きていく上で、幸福のレベルを左右するのは、人との付き合いであり、いかに人間関係が豊かなものであるかによって、幸せの感じ方は変わってきます。

良い人間関係は幸せの基本であり、その人間関係の中で、いかに自分が必要とされるかも、幸福の度合いを決めるひとつになります。

自分のために時間を使うのは大切なことであり、プラスして人のために時間を使うことも、とても大切なことになります。それは地域への手助けという方法もありますし、それによって感謝をされることになります。

その感謝を受け取ることで、自分が必要とされていることを、実感することができます。

地域とのつながりの重要性と信頼

chiiki

地域への貢献が素晴らしいのは、そのことによって信頼を得ることができるためです。

会社員として企業で働いている間は、家と会社の往復であり、その生活のメインは仕事関係になります。ビジネスシーンで重要なこととして、人間関係を円滑に保つことと、信頼をキープすることは、社会で生きていく上で何よりも重要です。

現代は、女性が社会で働くのは当たり前の時代にもなってきており、その社会では人からの信頼がなければ、職場での業務も順調には進みません。

仕事というのは給与を得るためのものでもありますし、ビジネスの世界は結局のところ、全てが人間関係の好き嫌いで成り立っているようなものです。

人生を上手に生きていくためには、人から好かれていること、嫌われないで信頼を得ながら生きていくのが重要ポイントにもなります。

特にビジネスの世界は見た目よりも厳しく、シビアな世界です。女性にとってはビジネスの現場は、まだまだ男社会でもあり、アウェイでもあります。それでも柔軟性と知識のある女性たちは、前向きに社会で活躍をしているのです。

社会に出て仕事をするようになると、仕事で業績を出すのは当然として、いかに人間関係を上手にこなすかが、社会での評価の分かれ道です。

そして足を引っ張るのは、いつの時代も同僚です。だからこそ、周囲には無駄に敵を作ることなく、当たり障りなく感じよく接して、スムーズな人間関係の構築をしておく必要があります。

そして会社を出てからは、今度は地域というエリアで貢献をすることで、横のつながりの信頼を獲得することになります。

職場で働いている時のような報酬が出なかったり、いわゆる福利厚生面の待遇は劣るかもしれませんが、深いつながりができるでしょう。

地域へ与えるものは自分に返ってくる

地域のために力になって考えて行動をするという善意ある行動は、やがてプラスとなって自分に跳ね返ってくることにもなります。これは宇宙の法則でもあり、良いことをしたら必ず、別の形で自分のもとにギフトが届くというのは余りにも自然なことでもあるのです。

人生の後半を長く付き合うのは、なんといっても住まいのある地域の人たちです。

自分が元気に体が動くうちは、できるだけのことを地域のためにやっておくことで、ゆくゆくはその善意ある行動が、自分のもとへと舞い戻ってくることになります。

与えるということは一見すると、一方通行のように思えますが、宇宙の法則がそれを黙ってはいませんので、必ず信頼や助けとなって舞い戻ります。

このようなマインドで地域に貢献する活動をしてみるのも人生を豊かにしていく一つの選択肢になります。

最新記事一覧