2020年東京五輪でボランティアに参加する方法

カテゴリ名:
社会貢献

世界から200以上の国や地域から選手が参加するオリンピック・パラリンピック。2020年の東京オリンピックでも、たくさんの人が日本を訪れることが予想されます。国内に居ながらにして世界中の人たちと交流できるなんて、なかなかない機会ですよね。積極的に海外からの訪問者と触れ合いたいという方、一流の選手たちを間接的にでもサポートしたい、大会を盛り上げる一員になりたい、という方は、ボランティアに参加してみるのもよいのではないでしょうか。

大会ボランティアと都市ボランティア

すでに公式HP にはボランティアについてのページが作られています。2020東京オリンピック・パラリンピックでのボランティアについての基本的な考えや今後開催されるシンポジウムなどについて紹介されており、随時情報がアップデートされていくようです。

ボランティアは「大会ボランティア」と「都市ボランティア」との二種類が公式に募集される予定となっています。合わせて9万人が予定されているということですから、かなり大規模な募集になりますね。

「大会ボランティア」は競技会場などの大会関係施設における案内や誘導、競技運営サポート、医療サポート、といった、直接大会運営に関わるサポートをするもので、チームで活動する形になるようです。「世界中から集まるボランティアと」という表現があるところを見ると、海外からのボランティアチームと一緒に活動することもあるようですね。ただ触れ合うだけではなく、同じ目的のために一緒に行動するという体験は、素晴らしい思い出になりそうです。

一方「都市ボランティア」は、大会を観に来た観光客への観光案内や交通案内を行うというもの。基本戦略を示した資料によると、

「……選手をはじめとする大会関係者 や国内外からの旅行者・観客等をおもてなしの心をもってお迎えするとともに、 明るく、楽しい雰囲気で案内することで、大会に華を添え、大会盛り上げの一翼を 担う

のだそうです。 活動する場所や中身にもかなり幅がありそうですが、語学や観光といった分野で特技を活かして盛り上げることができれば、こんなに楽しいことはありませんね。

応募に際しては、募集要項をよく読み、理解して臨むことが大切です。「大会ボランティア」は深夜や早朝の参加の可能性もあり、10日以上参加できる人が対象となっています。「都市ボランティア」は子育て中の人、日中は仕事がある人でも参加しやすいような時間帯と日数などで設定されているようです。それ以外にも、期待される人物像や交通費、宿泊費に関することなど、未定の部分も含めてHPでよくチェックしてください。内容や活かしてみたいスキルに加えて、ライフスタイルや体力なども考慮して選べるとよいですね。

募集開始は2018年夏ごろとのこと。「都市ボランティア」については2019年のラグビーワールドカップでのボランティアを先に募集、その経験を活かして2020年の大会でも活躍してもらうといったことも検討されているようです。今後もHPでチェックしておくとよいでしょう。

ボランティア|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
https://tokyo2020.jp/jp/get-involved/volunteer/

地方でもボランティアに参加するには

2020年は「東京」五輪だから、地方にいる人には関係ない。そう思っている方は少なくないのではないでしょうか。しかし、実は東京以外の地域でボランティアに参加できる可能性もあるようです。

大会組織委員会は、競技会場のある地方自治体にボランティア募集の協力を要請したとのこと。現在募集されている9万人以外の公式ボランティアが、地方で募集されていくことになりそうです。

五輪ボランティア地方にも協力要請へ「各県で募集」|日刊スポーツhttp://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1770514.html

さらに、競技会場を有しない地域でも、大会に関われる可能性があります。

大会前、各国の選手団が調整やリラックス、慣らしなどを含めた事前トレーニングをしに来日するのですが、この「事前トレーニングキャンプ」には全国の地方自治体が誘致に名乗りを挙げています。

選手団が訪れるとなれば、その地域でも“おもてなし”や語学面でのサポート、ガイドなどが必要となるでしょう。そういった部分に、ボランティアが募集されるという可能性は十分にあります。お住まいに近いスポーツ施設も、事前トレーニングキャンプ場になるかもしれません。

TOKYO 2020 – PRE-GAMES TRAINING CAMPS ONLINE GUIDE
https://pregamestraining.tokyo2020.jp/jp/

それ以外にも、2020年の大会を地方活性のチャンスと捉え、地方自治体が協力して、海外に向けた魅力発信などを様々な切り口で取り組もうという動きもあります。

競技それ自体に関わるものではありませんが、“おもてなし”という観点で関わってみたい方は自治体の情報にも注目しておくとよさそうです。

東京だけじゃない!地方はオリンピックをどう生かす | NHK News Web
https://www3.nhk.or.jp/news/special/mirai/article3.html

今からできること

公式のボランティア募集までにはまだ時間がありますが、今から取り組めるボランティアや講座もあります。

2020年に向けて日本を訪れる外国人が安心して滞在できる環境づくりのために、「街中で外国人に積極的に声をかけ、簡単な外国語で道案内等の手助けをしていただく語学ボランティア」の育成が始まっています(外国人おもてなし語学ボランティア)。

東京都観光ボランティア (おもてなし東京)を始め、すでに活動している観光ボランティア団体も多数あり、各市町村や民間が募集する講座も続々と登場しています。「やってみたい!」という気持ちが熱いうちに、身近なものからトライしてみましょう!

東京ボランティアナビ
http://www.city-volunteer.metro.tokyo.jp/jp/join/

この記事を書いた人

青葉まどか

仙台市出身。趣味は本、音楽、映画、という典型的インドア(元)少女。ライター。腰痛持ちだが、時々喫茶店で手伝いもする。「やるなら楽しく、真剣に」がモットー。

最新記事一覧