海外ボランティアへの参加について知っておいてほしいこと

カテゴリ名:
社会貢献

海外ボランティアについて

海外ボランティアへ興味があるようでしたら、その活動内容について基礎知識をつけておくことです。

具体的な活動内容、どれくらいの期間で参加出来るか、総額の費用面や活動する上での注意点を事前に調べた上で、自分にあった参加場所を決めていきましょう。

海外で必要とされる内容としては、基本的に体力勝負の仕事が多くなります。

女性でも参加出来る内容も多くありますが、いずれにせよ体力は必須条件になります。

参加を決めたら、直ぐに丈夫な身体作りを意識し始めましょう。

ボランティアとしての活動内容

researching
ボランティアとして海外へ行くことを決めたら、活動内容は必ず理解をしておきましょう。

手助けへ参加することは素晴らしいことですが、目的をしっかり把握することで更に目標が明確になり充実した活動となります。

旅の準備のためにも事前のリサーチは大切です。

どの地域へ行って、何を求められるかによっても、必要な知識や物は異なります。

また力仕事といっても、自然豊かな森の手入れや有機農業を応援するもの、動物や植物の保護を目的とした活動など本当に幅広いものです。

施設での手助けでは障がい者や高齢者、子どもや難民の生活をサポートすることもあるでしょう。

また、お寺の修繕であったり、学校などの施設の建設に携わることもあります。

更に地域によっては、村で行われるお祭りの運営をお手伝いする機会などもあります。

ボランティアの受入国について

Earth
全世界では様々な内容で多くのボランティアの方の受け入れを行っています。

まず活動場所というとアフリカやインドなどを思い浮かべる方がいるかと思われますが、その他にも沢山の国で必要とされています。

ボランティア活動の母国としても知られるイギリスでは、福祉国家としても活性化しています。

世界の中でも福祉ボランティアという面で常にリードをしている国でもあります。

また、北島最大の都市である、ニュージーランドのオークランドでも活動があり、ネパールやタイのバンコクでもホームステイをかねた参加もできます。

参加のための期間

ボランティアへの参加を希望するうえでも、その期間は気になるところです。

日程は、数日ほどの短期から1ヶ月程の間しっかりと活動をするなど様々です。

大体の方の活動目安としては、2~3週間位が多いようです。

時期としては、夏季に多く開催される国として北米やヨーロッパ方面があります。

中南米やアジア、アフリカの地域になると、年間を通して常時開催をしているケースが殆どになります。

海外での活動を希望する方が増えているため、3泊4日程のショートステイで参加できる内容もあります。

忙しい方や初めての方にも短期間の滞在で活動ができることにより、今後の本格的な活動のキッカケにしやすいでしょう。

活動内容を明白にして準備も万端に

teaching
活動の内容や場所をよくリサーチをしてから本腰を入れましょう。

準備期間は必要です。活動の内容をよく読み込み万全の体制で向かいましょう。

ボランティア活動により与えるだけではなく、新たな学びを得ることができます。

学びの気持ちを忘れず、謙虚な姿勢で仲間と協力をしあい、楽しく活動をすることで充実感も変わってきます。

海外での活動中は特に責任のある行動を心がけましょう。

最新記事一覧