いつまでも綺麗なお母さんを目指して〜温活美容法〜

カテゴリ名:
健康

外で吐く息も白くなってきたこの季節。

なかなかダイエットがうまくいかなかったり、体の調子が悪かったり

悩まれてる方も多いかと思います。

動物が冬眠するようにどうしても冬は外気が寒く、脂肪をため込みやすいです。

運動や散歩をしようとしてもなかなか重い腰が上がらないですよね。

この時期に特におすすめなのが【温活】です。

低くなっている温度を適正な温度まで上げるための活動のことをいいます。

少しずつ習慣に取り入れて健康的な体を目指しましょう。

現代の女性の低体温

皆さんの平均体温は何度ですか?

最近は35度代の女性も多く、末端の冷え症や、重い生理痛に悩まされている方が増えています。

理想は36.4~36.9度と言われていて、そう聞くと

「36.9度あったら微熱です!」という声も聞こえてきそうですが、

それだけ体温が下がっている女性が多いということです。

体温が1℃上がると代謝が13%上昇するといわれています。

それだけでも基礎代謝がアップしてめぐりの良い体になります。

低体温の方はぜひ温活をスタートしてみてください。

白湯

簡単に始められる温活といえば【白湯】です。

白湯を飲む習慣をつけることはデトックス効果・ダイエット効果・美肌効果など

様々な効果が得られます。

内臓を温め、1日が快適になります。

朝、目覚めてすぐに白湯を飲むことで胃への負担も減らすことができます。

特にスムージーや、冷たい飲み物は起床後、すぐに摂取するのは控えましょう。

また、食事中もできれば冬場はお水より白湯を飲むことが好ましいです。

1年、白湯生活をして体温が1度上がったという方も。

朝だけでなく、昼、夜も白湯を飲むことで、よりデトックス効果を感じられます。

その他の飲み物

白湯以外ではココアやショウガ湯、赤ワインなどもおすすめです。

ココアに含まれるテオプロミンという成分は、血液を拡張させて血行を良くする効果があるため、末端の冷え症の改善にもおすすめです。

また、カカオポリフェノールには抗酸化作用があり、身体の免疫力を高め代謝アップも臨めるでしょう。

どうしてもお酒が好き!という方には赤ワインがおすすめです。

赤ワインに含まれるポリフェノールもココア同様に抗酸化作用があります。

ホットワインにすることで、より温める効果も期待できるでしょう。

お風呂

夏場はシャワーだけで済ませてしまっていた方も、冬の温活にはお風呂の湯船にゆったりと浸かるのがオススメです。

冷え性で悩んでる方は入浴剤などにもこだわって見るのはいかがでしょうか?

お風呂にお湯を溜めたら、おちょこ1杯の日本酒をいれたり、炭酸系の入浴剤は代謝を上げて体の血液の循環を良くしますので、そのまま入浴するよりもお風呂上がりポカポカが継続するのを実感していただけるかと思います。

リラックスするには41度が適温といわれ、42度以上は自律神経が活発になり、眠れなくなります。

41度程度の温度でゆっくりと身体を温めるようにしましょう。、

お風呂上がりはなるべく寝る前まで素足ではなく、足元も温めるようにしましょう。

腹巻き

女性は子供を産めるよう、脂肪が腰回りにつきやすくなっています。冷え性やむくみに悩んでる方は同時に生理痛が辛い方もいますよね。そんな方は腰回りを温めることがとても大切です。

冬場は腹巻でお腹を温めるようにしましょう。また、生理の日には腰回りを温めるためにお尻の骨(尾骨)の上にある仙骨(子宮の裏側)にホッカイロを貼って子宮を温めると痛みや冷えも緩和されやすくなります。

適度な運動

また、冬こそ適度な運動を心がけましょう。

無理に有酸素運動をするのではなく、

お家での筋トレや、1時間程度歩くことを習慣に組み込んでいくのがいいでしょう。

とくに、ヨガや、ストレッチで股関節をしっかりとほぐすことで体の代謝もアップされます。

マッサージやエステの活用

身体が冷えると筋肉も固まりやすく、なかなか運動も忙しくてできないという方は

エステサロンやマッサージサロンなどを利用してで定期的にケアをするのこともおすすめ。

リンパの流れが滞っているとむくみやすく、血流が悪くなります。

そうすることによって、冷えの原因となり循環の悪い身体になってしまいます。

ご自宅でのマッサージはもちろんですが、流しきれないリンパは専門家に流してもらうことで

滞りなくすっきりとデトックスができると思います。

また、私のサロンでもこの時期大人気なのが、遠赤外線のデトックスヒートマットです。

他にも遠赤外線ドームや、岩盤浴マットなども同様の効果が得られます。

遠赤外線とは、電磁波の一種で水分に反応します。

身体の7割は水分でできていますよね。

身体の水分と反応し細胞を温めることによって身体の芯から温めることができます。

遠赤外線のデトックスヒートマットは約20〜30分程度はいることで大量の汗をかき、

1回で約180kcal程度(ご飯茶碗1杯分くらいのカロリー)を消費します。

筋肉や脂肪も柔らかくなるため施術効果も上がるためダイエットにも効果的です。

日々のケアの意識や、プラスワンのケアで巡りの良い身体を目指しませんか?

温活で、冷えに負けない身体をつくることでいつまでも若々しく健康をキープできそうですよね。

この記事を書いた人

初芝 恵梨菜

パーソナルダイエット専門店 Romantic Diva代表の初芝です。
昨日より明日がちょっと前向きなるエステ。大切な人に会いに行きたくなる。そんな女の子たちの、お悩みやコンプレックスの改善のお手伝いをさせていただきます。

【90日間のキレイ痩せプログラム】
自分の【-18キロ】のダイエットの経験から本当に痩せる習慣づくりをテーマにオリジナルメゾットでダイエットサポートをしてます。

○ダイエット
心理学を用いたダイエットコーチング / ハイパーナイフとラインサポート
HP: http://romantic-diva.net

○日本エステティック協会認定エステティシャン
○salon de happiness ディプロマ取得
○school nu beauty ディプロマ取得
○心理カウンセラー2級


▼ 秋・冬美容対策の過去記事はこちら! ▼
秋・冬の美容対策②ボディケア編
乾燥の激しい秋冬はボディケアも徹底したいところですよね。 特にひざ下や手の荒れが毎年ツライという方も多いです。 乾燥が悪化すると...
秋・冬の美容対策①スキンケア編
秋は夏の疲れやダメージがお肌に出やすく、なんとなくお肌がカサついたり、 くすみを感じやすい時期です。 そして、冬に向けて一気に乾...

最新記事一覧