女性のダイエットのお悩み【いつまでも綺麗なお母さんを目指して】⑤グルテンフリーとは?

カテゴリ名:
健康

ダイエットの成功のカギは『正しい方法』と『継続』です。

たくさんのダイエット方法がある中で、

前回は【遺伝子別ダイエット】についてお話しさせていただきました。

今回は皆さんが悩むダイエット中のお食事、その中でも注目されている

グルテンフリーについてです。

私が昔、お世話になっていたエステサロンさんの中には

あまり食事指導をされていないところがほとんどで

痩せる方の多くが、食事量を減らすことに偏りがちです。

確かに、食べなければ痩せますが体は飢餓状態に。

栄養不足で、ふらふらしたり、痩せてもリバウンドしやすくなります。

お客様の中でも極端に食事量が少なかったり、

バランスが偏ってしまっている方にはバランスよく食事をしっかり食べるよう指導しています。

中でも、普段から頻繁にパン・パスタ・麺など小麦を私たちは時代の流れとともに

当たり前に主食として食べています。

グルテンとは?

「グルテン」とは小麦、ライ麦、大麦に含まれるたんぱく質の成分です。

パンやケーキなどのもちもち感を

欧米では健康志向が高いのもあり、グルテンフリーの考え方が浸透しています。

食生活の中からグルテンを抜くだけで自然と体重が落ち、バイタリティもアップします。

体重が落ちるだけでなく肌がきれいになったり、集中力がアップしたという声も。

パンやパスタを食べ始める止まらない!

つい、甘いものを暴食してしまう,

自分は過食症なのでは?と悩んでる方。

実はその原因はグルテンかもしれません。

実は私も20歳から22歳くらいまでの2年間、極端なダイエットをしてしまい

その後ストレスで過食症に、、、

当時は菓子パンや、パスタ、ケーキ、がとにかくやめられず

気づいたら20キロのリバウンドを経験しました。

そこから健康や体質改善を学びエステの世界へ。

今は体重も平均に戻り、食事指導やダイエットのサポートをしています。

グルテンの中毒性

実はグルテンには、麻薬のような強い中毒性があると言われています。

食べれば食べるほどもっと食べたくなるという負のスパイラルになります。

グルテンの成分である『グリアジン』は、脳内で麻薬のような働きをする物質と言われています。

このためグルテンを摂ると脳は快感を覚えハイ状態になり、食欲を司どる中枢を刺激します。

グリアジンの中毒性が強いため1日約400キロカロリー分も余計に食べてしまうほど食欲を

増加させる作用があると言われています。

グルテンを含む食べ物を摂ると、脳はグルテンをもっと欲しくなります。

また、重度のグルテンアレルギーを「セリアック病」と言い、

グルテンにより小腸がダメージを受け、栄養が吸収できなくなる深刻な病です。

それ以外の、グルテンの摂取により何らかの体調不良がでるアレルギー物質を

「グルテン過敏症」と呼びます。

グルテン過敏症は無自覚症状が多く、消化に問題がなくても肌荒れや慢性的な無気力感、

慢性疲労、下痢や便秘、集中力や体力の低下、重いPMS(月経症候群)や生理不順、不妊症、

喘息、口内炎、関節病など、人によってさまざまな症状が起きるといわれています。

グルテンフリーダイエットにトライしてみよう!

グルテンフリーの食材を中心に生活を2週間試してみてください。

普段の食生活に少し意識をしてグルテン(パン・パスタ・麺など)を抜いてみましょう。

人によっては最初の3,4日はパンやパスタなどが欲しくてイライラすることもあると思いますが

ストレス解消できるようなご褒美を用意して「グルテン禁断症状」を乗り切りましょう!

グルテン食品の一例として、

  • パン
  • パスタ
  • うどん
  • ラーメン
  • 餃子、ワンタン、中華まんの皮
  • お好み焼き、たこ焼き
  • ピザ
  • 揚げ物の衣
  • シリアル
  • カレーやシチューのルー
  • ケーキなどお菓子類
  • 麦焼酎、ビール、発泡酒

上記以外にも注意が必要なものがあります。

  • 十割蕎麦以外の蕎麦
  • 麦味噌、あわせ味噌
  • 醸造酢

他にも様々なものに使われている場合があるので、

アレルギーの方は常に原材料をチェックしてください。

日本食は比較的グルテンが少なく、グルテンフリーダイエットには最適です。

グルテンフリーダイエットではお米は問題ありません。

また、おやつでもチョコレート、大豆バー、マカロン、

ダックワーズ、マシュマロ、大福、団子、

ようかん、あんみつ、おしるこ、フルーツゼリー、

プリン、ナッツ、ドライフルーツなど、小麦を含まないものは色々とあります。

少し意識して食事を工夫するだけでグルテンフリーダイエットはできます。

2週間グルテンフリーの生活に慣れてくると体の変化に気づくと思います。

しかし、2週間が終わったからと言って、元の食生活に戻ってしまえば意味がありません。

どうしてもグルテンが食べたい場合はたんぱく質をしっかりとるようにしましょう。

参考図書

グルテンフリーダイエット

著書;エリカ・アンギャル

ダイエットの食生活で悩んでる方、

自分の食事を見返してグルテンが多かった!と感じた方は

ぜひ、グルテンフリー生活を試してみてください。

食事をただ減らすだけのつらいダイエットにはさようならをして

食べながら痩せる!にトライしてみてくださいね。

この記事を書いた人

初芝 恵梨菜

パーソナルダイエット専門店 Romantic Diva代表の初芝です。
昨日より明日がちょっと前向きなるエステ。大切な人に会いに行きたくなる。そんな女の子たちの、お悩みやコンプレックスの改善のお手伝いをさせていただきます。

【90日間のキレイ痩せプログラム】
自分の【-18キロ】のダイエットの経験から本当に痩せる習慣づくりをテーマにオリジナルメゾットでダイエットサポートをしてます。

○ダイエット
心理学を用いたダイエットコーチング / ハイパーナイフとラインサポート
HP: http://romantic-diva.net

○日本エステティック協会認定エステティシャン
○salon de happiness ディプロマ取得
○school nu beauty ディプロマ取得
○心理カウンセラー2級

▼ 合わせて読みたい!女性のダイエットのお悩みシリーズ ▼

女性のダイエットのお悩み【いつまでも綺麗なお母さんを目指して】④遺伝子別ダイエット編
皆さんが今実際に行っているダイエット。 そのダイエットが本当に自分にあっていると言い切れますか? 最近人気のある遺伝子別のダイエ...
女性のダイエットのお悩み【いつまでも綺麗なお母さんを目指して】③腸内環境編
多くの女性が特に悩んでいる、便秘や腸内環境。 ダイエットで食事量を減らしたら急に排泄が悪くなったり 月経前になると便秘になりやす...
女性のダイエットのお悩み【いつまでも綺麗なお母さんを目指して】②睡眠編
今回はダイエットと睡眠について。 【寝る子は痩せる】 皆さん、毎日どのくらいの睡眠時間を取られていますか? 短眠という言葉...
女性のダイエットのお悩み【いつまでも綺麗なお母さんを目指して】①メンタル編
健康診断で頭を抱えてる方。 ダイエットしないといけないけど 『まず何からスタートしていいのかわからない。』 そんなお悩みを...

最新記事一覧