健康に!元気に!おいしく食べてスタミナアップ!!ニラのパワーとその魅力

カテゴリ名:
健康

さまざまな料理に活躍するニラは、寒くなるこれからの時期、お鍋に入れてもおいしいですよね!

ニラといえばスタミナアップ食材として有名で、昔から食べると元気になるといわれています。ニラはなぜスタミナアップ食材といわれているのでしょうか?

キーワードは「アリシン」です。今回はニラのスタミナアップの栄養素とスタミナアップメニューをご紹介いたします!

私は野菜ソムリエプロの籠谷(こもりや)めぐみと申します。日々野菜のことを学び、その魅力を発信できるよう活動しております。

私の地元栃木県ではニラの生産量が全国2位!

たくさんのニラが作られています。有名な宇都宮餃子にもニラはよく使われています。栃木県のニラは1年を通して出荷があり、栄養たっぷりでスタミナ抜群!甘味があって風味がよく、味わいに深みがあるといわれています。

(引用元)

一般社団法人とちぎ農産物マーケティング協会 HPより

http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c-004nira

ニラのスタミナアップのひみつ

ニラは薬用として古い歴史を持つ香辛野菜です。日本では古くから食べられており「古事記」や「万葉集」にも登場します。

ニラの匂いは硫化アリルの一種、アリシンという成分によるものです。アリシンはビタミンB1の吸収を助け、糖の代謝を円滑にするといわれています。その為、疲労回復効果やスタミナ強化、滋養強壮効果が期待できます。また、特有の刺激的な匂いは胃酸の分泌を促し消化をサポートしてくれるといわれています。

その他、体内でビタミンAに変わるβ‐カロテン、ビタミンB2・B6・C・E・Kなどのビタミン類を含む優れた野菜です。 これらの相乗効果でがんや老化防止、風邪の予防など広い範囲にわたって健康効果を発揮します。とても頼もしい野菜ですね!

(引用元)

春夏秋冬おいしいクスリ 旬の野菜の栄養辞典(2016年5月23日発行)

監修:吉田企世子/発行者:澤井聖一/発行所:株式会社エクスナレッジ

おいしいニラの見分け方・保存方法

購入するときは

(1)みずみずしく新鮮なもの
(2)緑色の濃いしゃっきりしたもの
(3)しおれたり、変色しているものは避ける
という3点を注意して下さい。

保存方法は、葉先が折れないように濡らした新聞紙に包んでポリ袋に入れ冷蔵庫で保存していただければ3~4日はおいしい状態で保存ができます。

おすすめ!ニラレシピ

★ニラと豚肉のスタミナ丼

(材料 2人分)
ニラ・・・・1束

豚肉(お好みの部位)・・・・200g

玉ねぎ・・・・1/4個

にんにく・・・・1かけ

卵黄・・・・2個

ごま油・・・大さじ1/2

温かいごはん・・・お好みの量

A

醤油・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1/2

(作り方)

1.ニラを2cm幅に切る。

2.玉ねぎはくし形切り、ニンニクはみじん切り、豚肉は食べやすい大きさに切る。

3.フライパンにごま油をしき、ニンニクを香りが出るまで炒める。

4.3に豚肉を入れ炒める。豚肉に色が付いてきたら玉ねぎを加えさらに炒める。

5.火が通ったらニラを加えサッと炒め、Aを加えよく混ぜる。

6.温かいごはんに5を盛り付け、卵黄を中央に添えたら完成です。

★ニラと厚揚げの炒め

(材料 2人分)
ニラ・・・・1束

厚揚げ・・・・100g

もやし・・・・100g

豚挽き肉・・・・150g
生姜・・・・1かけ

オリーブオイル・・・大さじ1

塩コショウ・・・適量

A

醤油・・・大さじ1/2
酒・・・大さじ1

オイスターソース・・・大さじ1/2

砂糖・・・大さじ1/2

(作り方)

1.ニラを2cm幅に切る、生姜はみじん切りにし、厚揚げは短冊切りにする。

2.豚挽き肉は塩コショウをしておく。

3.フライパンにオリーブオイルをしき生姜を香りが出るまで炒める。

4.豚挽き肉をバラバラになるようほぐしながら炒め、色が変わったら厚揚げを加えさらに炒める。

5.豚挽き肉に火が通ったらもやし、ニラを入れてサッと炒める。

6.Aの調味料を加えよく混ぜる。

★たっぷりキノコのニラ玉

(材料2人分)
ニラ・・・・1束

卵・・・・4個

お好みのきのこ・・・・100g

(しめじ、マッシュルーム、えのきだけなど)

生姜・・・・1かけ
オリーブオイル・・・大さじ1

水溶き片栗粉・・・適量

A

水・・・100㏄
醤油・・・大さじ1
酢・・・大さじ1

砂糖・・・大さじ1

(作り方)

1.ニラは2cm幅に、きのこは食べやすい大きさに切り、お皿に入れラップをし、レンジで約2分間加熱をする。

2.ボールに卵を割り入れほぐし、1を入れる。

3.あんの材料、Aを火にかけ、水溶き片栗粉でとろみをつける。

2.フライパンにオリーブオイルをしき、2を加え菜箸で混ぜながら火を通し、ふんわり焼き上げる。

3.皿に盛り付けあんをかける。

どれもごはんが進むスタミナレシピです!

アリシンを含むニラとビタミンB1を含む豚肉を一緒に食べることで、疲労回復効果が期待できます。油を使った炒め物などは、β-カロテンの吸収率を高めるのでおすすめです。

皆様もぜひニラ料理、作ってみてください。

ニラを食べてパワーチャージ!

ニラは1年中採れますが、旬は冬から春にかけてといわれています。栃木のニラ農家さんによると、この時期のニラは肉厚で甘さも強く、特に美味しいと話されていました。茹でても、炒めても、煮込んでもおいしいニラは、様々な料理に活用できるところも魅力ですね。これから、風邪のひきやすくなる冬の季節です。ニラを食べて免疫力を強化させ、スタミナアップをし、冬を元気に乗り越えましょう!!

この記事を書いた人

籠谷めぐみ

野菜ソムリエプロ、ベジフルビューティーセルフアドバイザー

調理学校で料理を学び、調理師免許を取得。その後、飲食店で約5年間勤務し、調理経験を積む。現在は地元栃木県を拠点とし、野菜ソムリエプロとしてレシピ開発、イベント企画、地元テレビやラジオ出演などの活動を行なっている。日々野菜や果物の魅力を発信している。その他、ベジフルビューティーセルフアドバイザー、ダイエット検定2級プロフェッショナルアドバイザーなどの資格を持つ

▼野菜ソムリエ 籠谷めぐみのレシピをもっと見る!▼

ネバネバパワーで元気に‼︎栄養満点〝野菜の王様モロヘイヤ〟
ネバネバが個性的な野菜モロヘイヤ。モロヘイヤの原産地はエジプトで、モロヘイヤはアラビア語で「王様だけのもの」という意味です。古代エジプトの伝...
魅力的な栄養と彩り鮮やか“奇跡の野菜ビーツ”
皆様はビーツという野菜をご存知ですか? ビーツとは写真のように赤カブのような形をしていますがアカザ科の野菜で、実はほうれん草の仲間なの...
ビューティーフード”いちご”を食べてもっと美しく
日増しに温かくなってきて季節はもう春ですね。 さて、今年もいちごの旬を迎えました。 いちごは可愛いらしく、甘い香りがあり、甘酸っ...

最新記事一覧