日々の生活に取り入れたい!常備菜のすすめ

カテゴリ名:
健康

皆さん、こんにちは。管理栄養士の峰です。

突然ですが皆さん、昨日の夜ごはんは何を食べましたか?

家でゆっくり家族と食卓を囲んでいた方もいれば、外食や飲み会だった方、スーパーのお惣菜やコンビニ飯で済ませた方など様々だと思います。

実際、私も夜遅くに仕事から帰ってきて、さて夕飯を作ろう!という気分にはなれず、最寄駅の近くにあるお店や、スーパーで半額になった揚げ物、冷凍食品やレトルト食品を活用することもしばしば。

便利な時代になりましたが、その一方で手作りの食事が遠のいていくことに罪悪感を感じていました。

そんなときに出会ったのが、「常備菜」です。まとまった時間が作れるときに常備菜を作っておくことで、忙しい日の夜ごはんがぐっと質が上がりました。家でゆっくりごはんを食べることができる時間を作ることができるようになり、さらに今まで外食をしていた分、節約にもつながりました。

今回は、そんな常備菜のレパートリーの中でも簡単に仕込めて、さらに食べるときの調理時間も短いレシピをご紹介します。

また、常備菜を作る上で必要になるおすすめの保存容器もご紹介いたします!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

肉のおすすめ常備菜「豚肉のみそ漬け」

まず、一つ目は豚ロース肉を使った料理。

袋に入れてもみこむだけなので簡単です!こちらの料理に関しては冷凍保存することもできます!

甘めの味付けで、ごはんがすすむ一品です。

【材料】

(2人分)

豚ロース肉 2枚

塩こしょう 少々

☆たれ

酒 大さじ1

砂糖 小さじ2

みそ 大さじ2

片栗粉 大さじ1

【作り方】

①豚肉は筋を切り、包丁の背で叩き、1~2cm幅に切る。塩こしょうをふる。

②密閉できる保存袋に☆のたれの調味料を全て入れて、もんで混ぜる。

③②の袋に①の豚肉を入れて、味がまんべんなくなじむまでもみこむ。

④冷蔵庫、もしくは冷凍庫で保存。

⑤食べるときはフライパンにサラダ油をひき、弱火でじっくり中に火が通るまで加熱する。

砂糖、みそを使っているため、焦げやすいので注意してください。中まで火が通らない場合はある程度焼き目をつけてから電子レンジで加熱してもOKです。もしくは、少量の水を足してからふたをして蒸し焼きにすると、しっとりと焼き上げることができます。

魚のおすすめ常備菜「鮭のヨーグルトみそ漬け」

続いてご紹介する料理は、魚料理。味付けがいつも同じになってしまってマンネリ気味の方も多いのではないでしょうか?

こちらの料理はヨーグルトを使うことでしっとりふっくら仕上げることができます。

【材料】

(2人分)

生鮭 2切れ

☆たれ

ヨーグルト 50g

みそ 大さじ2

【作り方】

①☆の材料を混ぜておき、たれを作る。

②ラップをしき、①を1/4量のばし、その上に生鮭をのせる。

③生鮭の上に①の1/4量をのせ、ラップで包む。これをもう一つ作る。

④冷蔵庫で保存する(賞味期限は2日程度)

⑤焼くときは、たれをぬぐっておき、魚焼きグリル、もしくはフライパンで焼く。

こちらもみそを使っているため、焦げやすいので注意してください。なかなかチャレンジするハードルが高い味付けかと思いますが、ヨーグルトの風味がさっぱりしていて美味しいです!

みその代わりにカレー粉を使えば、ヨーグルトカレー風味の魚焼きを作ることもできます。

野菜のおすすめ常備菜「小松菜のナムル」

最後にご紹介するのは、常備菜の定番、ナムルです!にんにくはすりおろしてもいいですし、なければチューブタイプのおろしにんにくを使ってもOK!ごま油が香る副菜です。

【材料】

(2人分)

小松菜 1袋

おろしにんにく 小さじ1

しょうゆ 小さじ1

塩 小さじ1/3

ごま油 大さじ3

白ごま 適量

【作り方】

①鍋に湯を沸かし、小松菜を入れて、1~2分ゆでる。ざるにあげ、冷水にとり冷ます

②①の水気をしぼり、3cm幅に切る。ボウルに入れてしょうゆを加えて混ぜる。

③おろしにんにく、塩、ごま油を加えて混ぜ合わせる

④仕上げに白ごまをかける

小松菜の代わりに、ほうれん草、にんじん、もやしなどでも作ることができます。一度に大量に作っておけるので、その時期に合わせた野菜で作るといいですね。常備菜で野菜を使ったメニューを作っておけば、手軽に野菜を摂ることができます!ぜひお試しください。

おすすめの保存容器は?

常備菜を作る上で必要になる保存容器。私のおすすめは「野田琺瑯」と「IKEAのガラス容器」です。

「野田琺瑯」は、友人からお祝いでいただいたのですが、オーブン、ガス火で使用することができ、酸にも強いのでマリネを作って保存するときによく使います。また、見た目もホワイトでシンプルなので、冷蔵庫に入れたときにすっきりと見せることができます。この容器で焼きプリンや豚肉のオーブン焼きを作ることもあり、保存容器以外でも使用することができてお気に入りです。

「IKEAのガラス容器」は、オーブン、ガス火はもちろん、電子レンジでも使うことができます。クリアタイプなので、中に何が入っているのかがわかるのもポイントです。値段も高くないので、試しに購入する価値はあると思います!

毎日の食事をもっと楽しく!

常備菜のすすめ、いかがでしたでしょうか?

初めはすべての料理を作り置きしておくことはなかなか難しいとは思います。そんなときは、まず1品を作り置きすることから始めてみましょう。慣れてきたら品数を増やしていけば、コツも掴めてくるはずです。

ぜひ、常備菜を活用して手作りの食事を楽しんでください!

この記事を書いた人

峰 奈津季(みね なつき)

管理栄養士、薬膳コーディネーター。
医療食を取り扱う食品メーカーで営業を2年間経験。社会人になってからより、手作りの料理の大切さを強く思うようになる。現在はフードユニット【ちゃあみー】の管理栄養士として、栄養・健康に関する記事やコラムの執筆。誰かに伝えたい想いを料理にする、をモットーにレシピ開発も行っている。

▼野菜ソムリエ 峰 奈津季の記事をもっと見る!▼

ポイントは普段の食事!生活習慣病を防ぐには?
日本人の平均寿命は年々伸びており、男性で80歳、女性で87歳と世界でも上位の長寿大国です。 しかし、糖尿病、高血圧、脂質異常症といった...

きらリズムメールマガジンのご案内

■きらリズムメールマガジンについて

きらリズムでは、月に2回メールマガジンを発行しています。
読者の方の好みや嗜好に合わせて、旅行やグルメ情報を中心にお送りしています。
中にはメルマガ限定の情報やサービスなどもございますので、お気軽にご登録ください。

■メルマガご登録の皆様にプレゼントを2つ用意致しました。

只今期間限定で、きらリズムメルマガにご登録頂いた読者の方に2つの特別なプレゼントをご用意いたしました。

【1つ目のプレゼント】

■タイトル
「年間100ヶ所もの介護施設を見てきた元看護師の人材紹介コンサルタントが語る両親を預けたいと思う介護施設を見つけるための3つのポイント」

■内容
「自分の親を介護施設に入居させなければならない」という状態に直面した時に、どういう施設を選べばよいのかを看護師の転職コンサルタントの観点から解説しています。

・職種間の勉強会を行っている施設がなぜ良いのか
・食事や入浴、運動などの日常の中の「選択肢」がどれだけ重要なのか
・なぜ健全なバリアを意図的に設置している施設が良いのか

「利用者にとって良い施設というのは働き手にとっても良い施設である」と感じた筆者が、利用者目線では気づかない本当に良い施設の選び方をまとめました。今施設を探している方以外にも、将来のことを考えるきっかけとしてぜひご覧頂ければと思います。

【2つ目のプレゼント】

■タイトル
50代からの人生をより楽しく過ごせるお得なサービス集

■内容
50代からの人生をより一層楽しんで頂くために、
旅行、グルメ、習い事、健康などの分野で
50歳以上の方だけが利用することが出来る限定のサービスを
1つのデジタルブックにまとめ上げました。

きらリズムメールマガジンにご登録頂いた方全員に、
そのデジタルブックを無料で差し上げています。

・1回の旅行で新幹線代が5,000円も割引になるサービス
・旅行期間中、JRのグリーン車が乗り放題になるサービス
・今話題の◯◯を返すことで得られる200以上の特典

などなど、幅広くお得な情報を詰め合わせています。
この機会にぜひご覧ください。

■登録時の迷惑メール設定について

メルマガのご登録直後に、登録御礼のメールをお送りしております。
そちらに今回ご用意したプレゼントのお受け取りに関するご連絡もございます。
迷惑メールに入ってしまう可能性もございますので、登録後には一度メールをご確認ください。

迷惑メールにはいっていましたら、お使いのメールソフトで「迷惑メールではない」のボタンをクリックして頂けますと幸いです。
※詳細な設定方法に関しましては御礼メールに記載致します。

最新記事一覧