【おとなの女のモノ選び】お部屋をさりげなく大胆に変えるいっぽんの線

カテゴリ名:
心の豊かさ

線をいっぽん引いたら

お部屋の中をぐるりと見回してみてください。リビングルームで、寝室で、そしてバスルームや玄関も。そして、壁から壁へ、天井から床へ、もし線をいっぽん引いたら、なにができるかな? と想像してみてください。照明をつける? それともプランツを飾る? 帽子をかけたり、コートをかけたり、あるいは外したメガネや、飲みかけのコーヒーカップを置いたり。

そんな自由なイメージでお部屋に引く「いっぽんの線」を製品化したモノが現れました。その名も「DRAW A LINE」。キリッとシャープな、それでいて暖かみも感じる「DRAW A LINE」は、いわゆる「突っ張り棒」を中心としたインテリアシリーズ。これまでの「突っ張り棒」はチープで実用一辺倒な印象で、クローゼットの中やトイレ、カーテンレール代わりなどには便利に使えても、お部屋の目立つところに堂々と渡すのはちょっと……と思うようなモノでしたが、素材や細部まで徹底してデザインすることで、おとなのお部屋にも使える、いいえむしろ、お部屋のアクセントとしての「いっぽんの線」を演出してくれるインテリアになったのです。

https://youtu.be/Dql0vMtkfIw

トップシェアメーカーの技術とデザインのちから

この「DRAW A LINE」は、商品名ではありません。突っ張り棒のトップメーカーであり、突っ張り棚や室内物干し、ランドリー収納用ラックなど、おうちの中のさまざまな不便を解決する、縁の下の力持ち的な「すき間アイテム」を数多く作っている平安伸銅工業と、シンプルできれいな「つかう」を考えた製品をデザインするクリエイティブユニットのTENTが、突っ張り棒という「いっぽんの線」を中心に据え、その「線」から拡がるインテリア空間を提案するコラボレーションブランドです。

ドローアライン
http://www.heianshindo.co.jp/draw_a_line/product/

平安伸銅工業
http://www.heianshindo.co.jp

TENT
https://tent1000.com

「DRAW A LINE」がどんな空間を作り出してくれるのか、わかりやすい実例を見せてくれるインスタグラムもあります。

「DRAW A LINE」Instagram
https://www.instagram.com/draw_a_line_heianshindo/

このシリーズのメインである「いっぽんの線」=「Tension Rodは」、これまでの突っ張り棒同様、お部屋の壁や床、天井を傷つけることなく、好きな場所に自由に棒を設置できる突っ張り機構を備えています。突っ張り棒のトップメーカーだから、その安定性や性能は折り紙付き。わたしたち女性ひとりでも簡単にしっかり取り付けが可能な実用性・安全性の高いもので、最大で25kgの耐荷重テストをクリアしているタイプもあります。それでいて、これまでの突っ張り棒と全く違う使い方ができるのは、素材選びとデザインのちから。突っ張る末端のキャップまで一体感のあるかたちはソリッド感があってうつくしく、取り付けたい場所にぎゅっとサイズを合わせるためのクラシックな真鍮のつまみネジも上品で、エレガント系にもモダン系にも合わせやすいデザインです。

「Tension Rod」を横向きに設置して、小物を置く棚「Shelf」やモノを引っ掛けてつかうための「Hanger」を組み合わせればさりげない飾り棚のようにも、縦に設置して「Hook」や「Table」を使えば、大胆に天井までの空間を演出することもできます。もちろん、実用的な洋服掛けのスペースにするのもいいし、個性的なテーブルにも、小物のちょっと置きにもなります。専用の「Lamp」を使えば、置き場所を選ばない照明器具として、お部屋全体のライティング計画に文字通りあたらしい光となってくれるでしょう。

まとめ・自由な発想でインテリアを軽やかに楽しむ

「突っ張り棒」は、どこに出しても恥ずかしくない姿に生まれ変わることで、どこにでも置けて何にでもなれる自由さを手に入れました。そして、その自由はわたしたちの発想の自由さでもあります。しっかりとした重厚な家具は、確固たる存在感があり、一緒に暮らす喜びもある。でもそれはいつの間にか不自由さになり、その家具中心でしかインテリアを考えられなくなってしまう、まず家具ありきのルームコーディネイトしかできなくなってしまう、というマイナス面も同時に持ち合わせています。

「DRAW A LINE」の魅力は、そんな「縛り」をいっさい感じさせない軽やかさにあります。その軽やかさは、そろそろ大きな荷物を肩から降ろしていきたい、わたしたちきらリズム世代のインテリア感覚にぴったりと添ってくれるはずです。

この記事を書いた人

吉田メグミ

フリーライター。1970年東京生まれ。

デジタルからカルチャー、エンタテインメントなどの雑誌、書籍、WEB記事を書いています。フリーペーパーココカラ編集員。

▼優れたアイテムが沢山!吉田メグミ「おとなの女の物選び」シリーズ ▼

【おとなの女のモノ選び】そろそろ見直したい、メイク道具について
コンパクトに入れっぱなしのスポンジでファンデーションを塗っちゃったり、メイクを落とさないまま寝てしまったり、多少のムチャをしても許された時代...
【おとなの女のモノ選び】 かわいい・やさしい・壊れない、愛着度抜群で最強の傘
好きだったはずの、あの傘はどこに? いままでいったい、何本の傘を使ってきたのでしょう。そして、その中で、いまでも記憶にある傘は何本...
【おとなの女のモノ選び】食卓の景色をぱっと変える木製食器でテーブルを楽しく!
食器棚はときどき見直しを 食事は舌だけでなく、目でも楽しむもの。和風の煮物ならこのお皿、イタリアンならこれ……と食器をあれこれ選ぶのは楽し...
【おとなの女のモノ選び】暑いときも寒いときも活躍するフワフワ無添加のガーゼケット
ゆっくり睡眠、とれていますか? 起きている時間を目一杯楽しんで過ごすためには、ぐっすり快適な睡眠環境が第一。マットレスや枕を選び抜...

最新記事一覧