【おとなの女のモノ選び】
賃貸でも気軽に改装を楽しむための簡単DIYのススメ

カテゴリ名:
心の豊かさ

住まいのカスタマイズは楽しい!

住まいを好みや使い勝手に合わせてカスタマイズするのは楽しいもの。自宅や別荘をイチから注文して建てたり、古いマンションをゆっくりリノベーションしたりできたら最高でしょうけれど、そこまでの熱意がなくても、ちょっとした模様替えやDIYだって、仕上がったときの満足感は格別です。

こうした「自分でカスタマイズしたい」という欲求はどこから来るのでしょう。実際のところ、わたしたち素人がアレコレ工夫するよりも、きっと本当はプロの手におまかせするほうが完成度が高く、不具合の心配もない仕上がりになるはず。でも、例えばテレビの主婦向けの情報番組にも、雑誌にも、自分の手で工夫してカスタムするインテリアについての情報がたくさん発信されています。自分の使いやすいように、とか、費用が抑えられる、といった実用面だけでは片付けられない、カスタムへの情熱。

それはきっと、手作りの楽しさと同じもの。お料理を作ったり、お菓子を作ったり、アクセサリーを作ったりするように、住まいも自分の手でコツコツと作り上げてみたいのです。しかも食べたらなくなってしまうものとは違い、そこで毎日を過ごし、おともだちだって呼ぶことができる、存在も質量も大きなインテリアともなると、とても大きな満足感も得られます。

小さなアイテムで大きなインテリアを簡単DIY

でも『3びきのこぶた』のようにおうちを自分で作るわけにはいきません。それに、仕上がりの美しさはともかくとしても、強度や設計での失敗は事故につながりかねませんから、材料や構造計画にはそれなりの勉強や知識が必要です。そして何より、大規模にカスタムしようとすると、材料が大きくて重いし、基礎加工も大変。

でも、その大変さを乗り越え、DIY好きの女性たちが気軽に大型のインテリアをどんどん自作するためのアイテムがあります。それが「LABRICO」。以前ご紹介した「DRAW A LINE」と同じ平安伸銅工業が発売している「LABRICO」は、それ自体は小さくて安価なモノですが、2×4(ツーバイフォー)などの「2×材(ツーバイ材)」の板と組み合わせることで、カスタムのアイデアをどんどんかたちにすることができるブラケットやジョイントのシリーズです。

「LABRICO」公式サイト
http://www.heianshindo.co.jp/labrico/

「2×材(ツーバイ材)」とは、木材の規格のこと。たとえば代表的な2×4(ツーバイフォー)とは、切り口の面積が厚さ2インチ×幅4インチに製材された板のことで、ホームセンターなどでも簡単に手に入り、同じ規格で大量生産されているので価格が比較的安いのも魅力です。トウヒやパイン、モミなど、素材となっている木の種類も選べますし、ある程度ヤスリがけされているので、加工せずにそのまま使えばナチュラルな演出ができますし、ヤスリをかけたり、ニス塗りをしたり、ワックスで仕上げたり、ペンキで塗装したりすれば、いくらでも凝ることができる素材です。
「LABRICO」は、この「2×材(ツーバイ材)」の上下にはめ込むことで、簡単に床から天井に突っ張り、柱を立てる事ができるブラケットを中心としたDIY用のアイテムシリーズ。「DRAW A LINE」同様、突っ張り棒のトップメーカーである平安伸銅工業のノウハウが活きた製品で、2016年度にはグッドデザイン賞も受賞しています。公式サイトで塗装やカット済みの「2×材(ツーバイ材)」を購入することもできますし、柱を立てるだけなら工具は不要ですから、はじめてDIYに挑戦する方にも気軽に始めることができます。

女性ひとりでも、賃貸でも気軽にDIYを


なによりも「LABRICO」が優れている点は、ちょっとしたお部屋のアクセントとしての柱でも、壁一面の大きな棚でも、お部屋にまったく傷やネジ穴を開けずに設置できるということ。ですから、賃貸でも、ひんぱんに模様替えをしたい方にもぴったり。実はわたしも、先日引っ越したときにTVを「LABRICO」で壁掛けにしました。シンプルに2本の柱を立てて、TV固定用の金具で留めただけの30分程度の作業ですが、TVキャビネットがなくなったぶん、お部屋もスッキリ広く使えて大満足です。

まとめ・耐震性の高いナチュラル系のインテリアコーデを簡単に!

ナチュラル系のインテリアコーディネートにぴったりの、無塗装の板を使い壁紙を活かした背の高いシースルー棚は、既製品を設置しようとすると強度や耐震性に不安がありますが、「LABRICO」なら最初から天井に突っ張る柱で構成していくため、耐震性もバッチリなのも嬉しいところ。DIYのノウハウをたくさん紹介しているサイト「DIY FACTORY」には「LABRICO」のいろいろな活用例が載っていて、見ているだけでも楽しくなりますよ。

DIY FACTORY 「LABRICO」特集ページ
http://www.diy-tool.com/landing/labrico/

この記事を書いた人

吉田メグミ

フリーライター。1970年東京生まれ。

デジタルからカルチャー、エンタテインメントなどの雑誌、書籍、WEB記事を書いています。フリーペーパーココカラ編集員。

▼優れたアイテムが沢山!吉田メグミ「おとなの女の物選び」シリーズ ▼

【おとなの女のモノ選び】お部屋をさりげなく大胆に変えるいっぽんの線
線をいっぽん引いたら お部屋の中をぐるりと見回してみてください。リビングルームで、寝室で、そしてバスルームや玄関も。そして、壁から...
【おとなの女のモノ選び】「家事」のストレスを大きく減らしてくれるフライパン
お料理は家事のひとつ まだまだ暑い日が続きますね。今年の夏は梅雨入り前からたびたび真夏日が続いているせいか、なんだかいつになっても夏が終わ...
【おとなの女のモノ選び】そろそろ見直したい、メイク道具について
コンパクトに入れっぱなしのスポンジでファンデーションを塗っちゃったり、メイクを落とさないまま寝てしまったり、多少のムチャをしても許された時代...

きらリズムメールマガジンのご案内

■きらリズムメールマガジンについて

きらリズムでは、月に2回メールマガジンを発行しています。
読者の方の好みや嗜好に合わせて、旅行やグルメ情報を中心にお送りしています。
中にはメルマガ限定の情報やサービスなどもございますので、お気軽にご登録ください。

■メルマガご登録の皆様にプレゼントを2つ用意致しました。

只今期間限定で、きらリズムメルマガにご登録頂いた読者の方に2つの特別なプレゼントをご用意いたしました。

【1つ目のプレゼント】

■タイトル
「年間100ヶ所もの介護施設を見てきた元看護師の人材紹介コンサルタントが語る両親を預けたいと思う介護施設を見つけるための3つのポイント」

■内容
「自分の親を介護施設に入居させなければならない」という状態に直面した時に、どういう施設を選べばよいのかを看護師の転職コンサルタントの観点から解説しています。

・職種間の勉強会を行っている施設がなぜ良いのか
・食事や入浴、運動などの日常の中の「選択肢」がどれだけ重要なのか
・なぜ健全なバリアを意図的に設置している施設が良いのか

「利用者にとって良い施設というのは働き手にとっても良い施設である」と感じた筆者が、利用者目線では気づかない本当に良い施設の選び方をまとめました。今施設を探している方以外にも、将来のことを考えるきっかけとしてぜひご覧頂ければと思います。

【2つ目のプレゼント】

■タイトル
50代からの人生をより楽しく過ごせるお得なサービス集

■内容
50代からの人生をより一層楽しんで頂くために、
旅行、グルメ、習い事、健康などの分野で
50歳以上の方だけが利用することが出来る限定のサービスを
1つのデジタルブックにまとめ上げました。

きらリズムメールマガジンにご登録頂いた方全員に、
そのデジタルブックを無料で差し上げています。

・1回の旅行で新幹線代が5,000円も割引になるサービス
・旅行期間中、JRのグリーン車が乗り放題になるサービス
・今話題の◯◯を返すことで得られる200以上の特典

などなど、幅広くお得な情報を詰め合わせています。
この機会にぜひご覧ください。

■登録時の迷惑メール設定について

メルマガのご登録直後に、登録御礼のメールをお送りしております。
そちらに今回ご用意したプレゼントのお受け取りに関するご連絡もございます。
迷惑メールに入ってしまう可能性もございますので、登録後には一度メールをご確認ください。

迷惑メールにはいっていましたら、お使いのメールソフトで「迷惑メールではない」のボタンをクリックして頂けますと幸いです。
※詳細な設定方法に関しましては御礼メールに記載致します。

最新記事一覧