【おとなの女のモノ選び】「家事」のストレスを大きく減らしてくれるフライパン

カテゴリ名:
心の豊かさ

お料理は家事のひとつ

まだまだ暑い日が続きますね。今年の夏は梅雨入り前からたびたび真夏日が続いているせいか、なんだかいつになっても夏が終わらないような気がします。だんだん疲れも溜まってきて、暑いキッチンでの作業も億劫になりがちです。

ひとくちに「お料理をする」と言っても、その作業は「洗う」「切る」「火を使う」「片付ける」などを同時多発的に行わなくてはなりません。よく「男の料理はやるばっかりで散らかし放題!」なんてことも言われますが、あれは普段キッチンに立たない男性が「そりゃー!」と「お料理の完成」目指して一直線に作業をするために発生してしまう現象。家庭での「お料理」はレシピとテクニックだけでなく、いかにキッチンやツール、そして時間を効率よく使って、食事そのものを完了させるか(そしてまた、次の食事へとつなげていくか)という「家事」の一部です。作って食べてハイおしまい! でよいのであれば、どれだけラクであることか!

家事の効率アップに直結するキッチンツール選び

ですから、キッチンで使うツール選びはとても重要です。お料理のための便利グッズは世の中にたくさんありますが、ムダにたくさんありすぎても、管理する手間が増えてしまえば効率的とは言えません。作業を効率化するはずの「モノ」が、結果的に管理をタイヘンにしてしまうケースも往々にしてあります。例えばゆでたまごカッター。ゆでたまごカッターを使って、キレイに、あるいはかわいく、簡単にゆでたまごを切る便利さには、使ったあとのカッターを洗って乾かし、いつでも取り出せるように上手に収納する管理の手間がついてきてしまう。それならズボラなわたしは、多少不格好でもまな板と包丁でカットする方を選びます。もちろん、その手間を惜しまない方は、ゆでたまごカッターをお使いになるのでしょう。それが「選ぶ」ということです。

あのレミパンが満を持してのリニューアル

それでも家庭のお料理に最低限必要なアイテムはありますよね。中でもフライパンはスタメン中のスタメン。料理研究家の平野レミさんが16年前に発明した「レミパン」が大ヒット商品としてロングセラーとなったのも、家庭には必要不可欠なフライパンを煮炊き・焼きのメインのアイテムとして使えるように細部にわたり工夫されたという点が大きいでしょう。必要なアイテムをもう一度見直すことで、アイテムを追加せずに効率化できるなら、それに勝るものはありません。

そんなレミパンが、このほどリニューアルされ「レミパン+」として登場しました。フライパンを再発明した「レミパン」を、もう一度発明し直した「レミパン+」は、まさに家庭でのお料理を「お料理するためのツール」から、支度から食事、そして後片付けまでを見据えた「家事のためのツール」に生まれ変わったと言えるほどのすぐれもの。ですが、なにも「レミパン」が万能家事マシンになったわけではありません。変わったのは些細な、でも家事するものにとってはとても重要ないくつかの要素でした。

「remy」公式サイト
レミパン+
https://remy.jp/products/remy_pan.html

家事を大幅にラクにしてくれる配慮がいっぱい

まず、本体とハンドルの形状。フライパンの基本としての「焼く」ためだけでなく、「炒める」「煮る」といった中華鍋や中型鍋に求められる機能を兼ね備えているのは以前から「レミパン」の特徴でしたが、「レミパン+」ではそこがより研ぎ澄まされています。チャーハンなどを返したときにこぼれないハンドルの角度と形状、そして本体のカタチ。さらに、ハンドルには磁石が内蔵されていて、菜箸、お玉、へら、ターナーの4種類の専用ツールがハンドルにピタッとくっつくようになっています。調理中にこぼれるものがなければ、コンロのお掃除は簡単になりますし、お玉やヘラなどの置き場を確保しないで済むなら、お玉置きのお皿も不要。調理台に滴るお汁も、ヘラをチョイ置きしたときの油汚れも発生しません。

大きなハンドルが特徴の自立するフタは、フチに角度をつけ、フタの裏の水滴をこぼさないように工夫されています。置いたときの水滴の始末という一手間がなくなりますし、お隣のコンロで油を使っているところにウッカリ水滴が飛んでおそろしい思いをすることもありません。さらにフタにはフタをして煮炊きしているときに吹きこぼれを防ぐための蒸気噴出口や、フタをした状態でも専用ツールを本体にキープできるスリットも用意されています。

そして、お料理を「レミパン+」ごとテーブルにサーブできる、魅力的でお料理を引き立てる本体のデザイン。長く使えて、後片付けもかんたんにしてくれる、最高グレードのフッ素加工。IHヒーターはもちろん、ガスコンロ、ラジエントヒーターなど、どんな家庭でも使えるように設計されています。機能の解説は上記した公式サイト「remy」のほか、正規取扱店でもある「AssistOn」のホームページでも詳細に紹介・解説されています。どうぞ参考にしてくださいね。

AssistOn「レミパン+」
https://www.assiston.co.jp/2870

まとめ・基本アイテム選びが家事を制する

子どもの独立や食事量、食事内容の変化など、きらリズム世代はちょうどキッチンを見直す時期でもあります。フライパンが大きすぎるな、大小のお鍋が多すぎるな、と、家事に不便を感じたら、アイテム追加ではなく、まず基本のアイテムから選び直してみませんか?

この記事を書いた人

吉田メグミ

フリーライター。1970年東京生まれ。

デジタルからカルチャー、エンタテインメントなどの雑誌、書籍、WEB記事を書いています。フリーペーパーココカラ編集員。

▼合わせてお洒落に!おとなの女の物選びシリーズ ▼

【おとなの女のモノ選び】 スマートに徹底的に紫外線を防ぐグッズ選び
紫外線対策でこれからのキレイに備える 紫外線対策、きちんとしていますか? ふざけて部分的に塗ったらタイヘンなことになるくらい、最近...
【おとなの女のモノ選び】希少なはちみつ「マヌカハニー」で贅沢に穏やかにセルフメンテナンス
注目されるはちみつの薬効 なんとなくノドがイガイガする、もしかして風邪のひきはじめかな? とか、ちょっと疲れたのか、口内炎ができて...
【おとなの女のモノ選び】フリージングクッカーで夏の食卓を楽しくおいしく
贅沢素材のアイスクリームは夏の醍醐味 冷たいもののおいしい季節になってきました。今年の夏はどうやら猛暑になりそう、との予報も出てい...

最新記事一覧