【おとなの女のモノ選び】暑いときも寒いときも活躍するフワフワ無添加のガーゼケット

カテゴリ名:
心の豊かさ

ゆっくり睡眠、とれていますか?

起きている時間を目一杯楽しんで過ごすためには、ぐっすり快適な睡眠環境が第一。マットレスや枕を選び抜いて、気持ち良い眠りを追求している、という方も多いでしょう。でも、その一方で、きらリズム世代の女性は、睡眠にトラブルを抱えている方が大勢いらっしゃるのも事実。もともと何の問題もなく睡眠を取れていたのに、ここ数年寝付きが悪くて……というのは、いわゆる更年期の「閉経期不眠症」かもしれません。更年期前後での睡眠障害に関しては、30〜40%もの方が悩んでいると言われていますから、特別なことと思い悩む必要はない、かも知れませんが、やっぱり眠れないのはツラいもの。

お気に入りの睡眠環境を整えて「寝る気分」をあげる!

快適な睡眠環境には、マットの硬さやまくらの高さ、材質、そして温度と湿度のコントロールが大切なことはもちろんですが、「気分」と「肌ざわり」も重要な要素です。よし眠るぞ! と向かうベッドをお気に入りの空間にしておくこと、そして飛び込む寝具のすてきな肌ざわり。例えばわたしは枕やクッションをいくつも置いた、白やアイボリーなどの淡い色の、それもふわふわの寝具が大好きです。眠くてねむくてたまらなくなるまで起きていて、もうだめだ! と思ったらベッドに飛び込む、その瞬間の気持ちよさと言ったら!

無添加ガーゼのふわふわにうっとり

そんなフワフワ派代表としておすすめしたいのが、今回ご紹介する松並木の無添加ガーゼを使った寝具たちです。もう10年以上愛用していますが、いままで浮気して他の寝具を使っても、やっぱりここに戻ってきてしまう気持ちよさなのです。

松並木 公式ホームページ
http://www.matsunamiki.co.jp

まず、松並木のガーゼ生地「ヌーディコットン」は、一般的なメーカーの「ガーゼ」とうたわれている製品のような、目の荒い感じやガサッザラッとした触感、けば立ちが一切ありません。目がぎっしり詰まっていて、洗濯直後でもふんわりやさしい肌ざわり。それでいて軽くかさばらず、乾きもはやいので、洗濯機でデイリーにお洗濯ができます。

最初の1枚としておすすめしたいのは「5重ガーゼケット」です。暑い季節にはタオルケットのように肌掛けにすれば、汗や湿気をほどよく吸って逃してくれて、冷房をかけた寝室でも、秋口のちょっと肌寒い時期にも適温を保ってくれます。また、寒い真冬には毛布の下、肌に触れるところにお使いになるのがおすすめ。とにかく肌に心地よく、ガーゼに含まれた空気がすぐに体温と同じ温度になるので、おふとんに入ったときのヒヤっと冷たい感覚がなくて、ベッドに入ったときには瞬間ぬくぬく。それでいて、毛布のように眠っている間に熱がこもる感じもありません。1年中ずっと使えて気持ちいい。もうちょっとしっかりしたものがお好みでしたら、厚手の「7重無添加ガーゼ綿毛布」を選んでもよいでしょう。厚手ですが、真夏でも使えますよ。また、冷え性にお困りの方や、同じシリーズのシーツも併用されると、よりふんわり暖かく快適なベッドメイクができます。

一週間かけて作る手間暇と高い安全基準

この快適さの秘密は、ガーゼ生地の製法にありました。松並木のガーゼ生地「ヌーディコットン」は、手間がかかるために今では幻の製法となった「キヤー製法」という製法で作られています。現在では3時間ほどでオートメーションで仕上げる製法が一般的ですが、「ヌーディコットン」は日本で唯一、高圧釜でぐつぐつと生地を煮て、不純物を取り除く昔ながらの高圧釜加工を行い、完成までに1週間をかけて生地を作ります。

http://www.matsunamiki.co.jp/html/page6.html

この「ヌーディコットン」の肌へのやさしさは、感触だけではありません。「無添加」というコピーのとおり、100以上の試験項目をクリアし、赤ちゃんが舐めても安全な「エコテックス」という
規格で認証を取得しています。育てる土壌で無農薬、化学薬品不使用をうたう「オーガニック」は肌への影響としてはかなり眉唾ですが、この「エコテックス」基準は繊維原料や製品・半製品に対して認証される国際基準ですから、製品そのものの安全性を保証するもの。アトピーや化学薬品のアレルギーにお困りの方でも、安心してご使用になれます。ケットをお口でチューチューしてしまう赤ちゃんへの贈り物にしても喜ばれるはず。

まとめ・気持ち良い睡眠のためには環境づくりが大切!

ガーゼケットのフワフワしあわせな肌ざわりは、一度味わってしまうと、もうガサガサゴワゴワしたタオルケットには戻れません。掛布団カバーや枕カバーなどを少しずつお揃いにしていくのもまた楽しいもの。気持ち良い睡眠のために、お気に入りの寝具で快適なおやすみ環境を作ってくださいね。

この記事を書いた人

吉田メグミ

フリーライター。1970年東京生まれ。

デジタルからカルチャー、エンタテインメントなどの雑誌、書籍、WEB記事を書いています。フリーペーパーココカラ編集員。

▼優れたアイテムが沢山!吉田メグミ「おとなの女の物選び」シリーズ ▼

【おとなの女のモノ選び】
つかう理由ときれいなデザインが両立するトラベルグッズを選ぶ
旅の荷物の基本形とは? 旅行グッズ選びって、案外難しいですよね。出発の日が近づくと、だんだんウキウキしてくるせいか「あっ、あれも持...
【おとなの女のモノ選び】「家事」のストレスを大きく減らしてくれるフライパン
お料理は家事のひとつ まだまだ暑い日が続きますね。今年の夏は梅雨入り前からたびたび真夏日が続いているせいか、なんだかいつになっても夏が終わ...
【おとなの女のモノ選び】 スマートに徹底的に紫外線を防ぐグッズ選び
紫外線対策でこれからのキレイに備える 紫外線対策、きちんとしていますか? ふざけて部分的に塗ったらタイヘンなことになるくらい、最近...
【おとなの女のモノ選び】希少なはちみつ「マヌカハニー」で贅沢に穏やかにセルフメンテナンス
注目されるはちみつの薬効 なんとなくノドがイガイガする、もしかして風邪のひきはじめかな? とか、ちょっと疲れたのか、口内炎ができて...

最新記事一覧