【おとなの女のモノ選び】希少なはちみつ「マヌカハニー」で贅沢に穏やかにセルフメンテナンス

カテゴリ名:
心の豊かさ

注目されるはちみつの薬効

なんとなくノドがイガイガする、もしかして風邪のひきはじめかな? とか、ちょっと疲れたのか、口内炎ができてしまって痛い、など、クスリを使うほどではない不調に悩まされること、時々ありますよね。加湿したり、ビタミン剤を飲んだりするほか、はちみつを舐めたり口内炎に塗ったりしている方もいらっしゃるでしょう。実はわたしもそのひとり。結局は自然治癒力頼みの気休めなのかも知れませんが、症状がラクになるように感じます。

あくまでも食品のはちみつなので民間療法の域は出ませんが、はちみつに殺菌作用や傷の修復効果があるのではないか、という研究も進められています。

山田養蜂場のみつばち健康科学研究所による、加熱しない生の蜂蜜が、傷ついた皮膚の再上皮化を促進して治療を促すメカニズムの研究成果のレポート。
「蜂蜜による傷の治癒メカニズムが明らかに」
山田養蜂場
http://bee-lab.jp/_common/dl/newsrelease/2013/201308_02.pdf

医薬品としても取り扱われるマヌカハニー

こうした研究の中で、様々な植物から得られるはちみつの中でも特に、世界でもニュージーランドだけに自生するフトモモ科の低木「マヌカ」の花から集められた「マヌカハニー」は、優れた抗菌作用や抗炎症作用があるとされ、また、その希少性からも注目されているはちみつ。ニュージーランドやオーストラリアでは医薬品としても取り扱われていると言いますが、日本では明治屋などの高級スーパーマーケットでも入手できるもの。

普通のはちみつのような透明感はなく、ザラリと濁った、ねっとりとクリーム状のキャラメルのようなテクスチャーのマヌカハニーは、味わいもかなり独特。一般的によく食べられているアカシアやれんげのはちみつのような、シロップに近いクリアな甘みではなく、クセのある苦味と独特の香りがあります。「良薬口に苦し」と言いますが、いかにも身体に良さそうな味とも言えるかもしれません。

マヌカハニーとUMF

でも、同じ「マヌカハニー」でも、抗菌作用の強さにはバラツキがあるとされ、その作用の強さがUMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)という基準で表されています。一般に流通しているマヌカハニーはもともと、普通のはちみつに比べるとかなりお値段が張りますが、マヌカハニーの中でもUMF値の高さに従って価格も変わっています。

山田蜂蜜研究所
「マヌカハニーの研究〜通常蜂蜜との違い〜」
http://www.yamada-honey.co.jp/research/index.html

ニュージーランド国立ワイカト大学・生科学研究所の治療用蜂蜜研究チームは、ハチミツについての実験で、マヌカハニーの中には常時効果のある抗菌活性を持つものがあることを発見しました。 この優れた特性はUMF(Unique Manuka Factor)として知られており、一部のマヌカハニーにだけ確認されるものです。UMFを有するマヌカハニーは、その効力を示す数字が記されています。
「UMF10+」なら一般的な消毒剤のフェノール(石炭酸)溶液の10%相当以上の抗菌力があるという意味です。値が高いほど抗菌活性が高いのです。

生活の木ライブラリー
「佐々木薫ハーブ紀行 生物のHarmonization ニュージーランド マヌカハニーの旅」
https://www.treeoflife.co.jp/library/partnerfarm/herbtravel/vol24.html

All About マヌカハニー
http://allaboutmanukahoney.com

世界で初めて開発に成功したマヌカハニー100%のドロップ

でも、高価なUMF値の高いマヌカハニーも、生鮮食料品であることに変わりはありません。短期間にひと瓶食べてしまうようなものでもありませんが、開封して置くうちに栄養成分が劣化してしまいます。

そこでおすすめしたいのが、このUMF値にこだわり、輸入や保管で品質が落ちないように徹底管理のもとUMFHAの保証書付きでマヌカハニーを輸入しているハニージャパンの「ハニードロップレット」です。

ハニージャパン公式ホームページ
https://www.honeyjapan.com

”ハニージャパンの「温度管理保証」”へのこだわり

私たちは日本で唯一、温度管理をしているマヌカハニーです。
ニュージーランドから日本へ運ばれる際1時間ごとに温度•湿度を計測•記録し、37度以下で輸送されています。船で輸送される一般的なマヌカハニーは、日本に届いた時点で有効成分が破壊されてしまっている商品も少なくありません。理想的な蜂の巣の中と同じ温度(33〜37度)で管理された当社のマヌカハニーは、まさに最高の状態といえます。ハニージャパンのマヌカハニーは、生きた採れたてのハチミツを楽しんで頂くために、ニュージーランドでの蜂の巣からのろ過、瓶詰め、そして日本に届くまで厳しく温度管理されていることを保証致します。

「ハニードロップレット」は日本の特許技術を使って、希少なUMFマヌカハニーを、キャンディ状に固形化することに世界で初めて成功。一般的な「マヌカハニー入りキャンディ」ではなく、UMFマヌカハニー100%のドロップです。

夏の暑さに溶け出すことも、栄養成分が劣化することもなく、舐めずに口の中に静かに含んでいれば、30分から1時間、マヌカハニーがじんわりと口やノドに溶け出していきます。UMF15+とUMF10+の2種類のほかに、カジュアルに舐められるフレーバー付きの普通のはちみつドロップレットもありますが、ここは贅沢にハイグレードタイプを常備しておきたいもの。なんだかちょっとお口やノドの調子が悪いなと感じたら、ゆっくりと一粒をお口に含んでリラックスしましょう。

まとめ・自然の滋味でセルフケア!

たとえはちみつやマヌカハニーの「効能」が不確かだとしても、身体にうれしい栄養がたっぷり含まれた自然の甘みであることだけは確かです。じんわりゆっくりと溶け出すマヌカハニーの強烈な風味は、なんだかそれだけでお口やノドを癒やしてくれる滋味を感じます。

★1歳未満の乳幼児には絶対にはちみつやマヌカハニーを与えないでください。ボツリヌス菌で中毒を起こす危険性があります。

この記事を書いた人

吉田メグミ

フリーライター。1970年東京生まれ。

デジタルからカルチャー、エンタテインメントなどの雑誌、書籍、WEB記事を書いています。フリーペーパーココカラ編集員。

▼合わせてお洒落に!おとなの女の物選びシリーズ ▼

【おとなの女のモノ選び】フリージングクッカーで夏の食卓を楽しくおいしく
贅沢素材のアイスクリームは夏の醍醐味 冷たいもののおいしい季節になってきました。今年の夏はどうやら猛暑になりそう、との予報も出てい...
【おとなの女のモノ選び】レンズの厚さを感じないメガネ、design88のレンズインレンズってなに?
普段は三つ編みお下げでぶ厚いレンズのメガネをかけている女の子が、メガネを外し髪をほどくと実は絶世の美少女で……なんて表現が、昔からマンガには...
【おとなの女のモノ選び】合わない靴を現役にカムバックさせるアイテムに注目!
靴選びはむずかしい! 足に合わない靴で歩くのはツラい。いいえ、靴が合わないと、歩くどころか履いているのもツラくなってしまいます。それは十分...

最新記事一覧