【おとなの女のモノ選び】
つかう理由ときれいなデザインが両立するトラベルグッズを選ぶ

カテゴリ名:
心の豊かさ

旅の荷物の基本形とは?

旅行グッズ選びって、案外難しいですよね。出発の日が近づくと、だんだんウキウキしてくるせいか「あっ、あれも持っていったほうがいいかな?」「これもあったらいいんじゃない?」と、ついついパッキング内容が増えてしまいがち。しかも、気分の高揚と準備の時間が迫っている焦りとで、つい近所のバラエティショップなんかで適当なモノを買ってしまったり。結局、持っていっても使わなかったり、機能ばかりに飛びついて購入したはいいけれど、後になって冷静に考えるとデザインが好みじゃなかったりして、その時限りで使わなくなってしまう、なんてこともよくあります。

せっかく楽しみに計画を立てている旅行ですから、持ち物もひとつひとつ厳選して選びたい。そのためには、まず、すべての旅行に共通する「パッキングの型」を作ってしまうと良いでしょう。行先によって必要かも知れないものをひとつずつ考えるのではなく、旅の荷物の基本形を決めておく。そのうえで、海辺に行くから水着を、とか、この季節だから室内用の羽織りものを1枚、とか、レストランを予約したからこの靴を、といった具合にアレンジしていくのです。

ケースを決めれば中身も決まる

そのためには、まず、基本の持ち物のケースをきちんと気に入ったモノで揃えてしまう、というのも手です。基礎化粧品のポーチをひとつ、アンダーウェアと基本の衣類用のオーガナイザーをひとつずつ、機内や車内で使うグッズ類、という具合に、旅行の「レギュラー」を決めておきましょう。旅行用のバッグに合わせて考えておけば、バッグにパッキングする前に、オーガナイザーに詰める段階で荷物の総量の見当がつくという利点もあります。

世界でいちばん軽いオーガナイザー

TO&FROは、「軽量・コンパクト」というテーマを掲げている旅行グッズブランドです。母体となっているのは、石川県のカジレーネ株式会社。世界でいちばん薄くて軽い生地を作ることのできる技術を持ったテキスタイルメーカーです。トラベル用品のために開発された生地は、いずれもそれぞれその特徴からSNOW GROUSE(ライチョウ)やEMPEROR PENGUIN(コウテイペンギン)といった鳥の名前が付けられている機能性ファブリック。そのひとつひとつのファブリックの特徴を読むだけでもワクワクしますが、それらの生地の特徴を活かしたトラベルグッズたちの「軽量・コンパクト」というテーマゆえの、ムダな装飾のないシンプルできれいなデザインも魅力です。

TO&FRO
http://toandfro.jp

まずは、アンダーウェアや基本の衣類のパッキングにおすすめなのが「オーガナイザー」。ファブリックに薄くて軽い「Hummingbird」を使い、トラベル用の仕分けパッケージとしては、なんと世界最軽量。サイズや色もいろいろ揃っています。特に女性の場合、バッグを開けたときにアンダーウェアやインナーのシャツなどが目についてしまうのは避けたいもの。たくさんの荷物をスーツケースで持っていくときにはもちろん、バッグのメインコンパートメントを開け閉めすることの多い1泊2泊の小旅行にこそ、オーガナイザーの存在は重要です。防水加工もされているので、帰りに旅先での汚れ物を持ち帰るときにも安心です。これをレジ袋などで代用すると、帰りの車内や機内で、ちょっと購入したお菓子や飲み物を出そうとして、ガサガサと袋をまさぐることになることも……。荷物とお買い物を素早くスマートに見分けて出し入れするためにも、きちんとオーガナイザーを使って仕分けしたいものです。

TO&FROオーガナイザー
http://toandfro.jp/products/organizer/

ちょっとだけ非日常な「旅」のために

そして、撥水性に優れたファブリック「Emperor Penguin」を使い、内側にも外側にも防水機能を備えた「アメニティポーチ」は、そのまま洗面台に置いて使ってもびしょびしょにならず、バスルームや温泉の大浴場に持ち込むのにも便利です。また、飛行機でのお出かけの際には、液体やジェル、クリームなどの持ち込み規制の対象となるシャンプーやコスメを、制限内の容器に詰め替えてひとまとめにポーチに入れて置けば、手荷物検査の際にもまごつかずに済みますよ。

また、TO&FROでは、飛行機や列車の長い移動時間で、じょうずに休息を取るための便利グッズも、きれいなデザインのものが発売されています。空気で膨らますので持ち運びにかさばらす、軽量で人間工学に基づいて設計されたネックピローとアイマスク、耳栓のセットは睡眠をとりたいときにそっと準備をし、装着しても恥ずかしくない控えめなデザイン。

さらに、専用の糸を開発して編まれた着圧ソックスは、移動中や宿泊先での気になる足のむくみや疲れを軽減してくれます。こちらも、デザインが秀逸。機内で装着したときに、ギリギリ「ああ機内だから装着してるんだな」と思える機能感のあるカラーのものを選べるので、他の製品にありがちな「ちょっとダサい靴下の人」に見えてしまう心配がないのです。日常のようで、ちょっとだけ非日常。その匙加減がちょうどいいのです。

まとめ・持っていく理由ときれいなデザインの両立するモノ選びをしよう

機能が優れていても、あったら便利だなと思っても、せっかく楽しみにしている旅行に「それだけ」のモノを持っていくのはイヤ。つい「必要」に流されてないがしろにしがちなトラベルグッズこそ、持っていく理由ときれいなデザインの両立するモノを選んで、気分を上げていきたいものです。

この記事を書いた人

吉田メグミ

フリーライター。1970年東京生まれ。

デジタルからカルチャー、エンタテインメントなどの雑誌、書籍、WEB記事を書いています。フリーペーパーココカラ編集員。

▼優れたアイテムが沢山!吉田メグミ「おとなの女の物選び」シリーズ ▼

【おとなの女のモノ選び】「家事」のストレスを大きく減らしてくれるフライパン
お料理は家事のひとつ まだまだ暑い日が続きますね。今年の夏は梅雨入り前からたびたび真夏日が続いているせいか、なんだかいつになっても夏が終わ...
【おとなの女のモノ選び】 スマートに徹底的に紫外線を防ぐグッズ選び
紫外線対策でこれからのキレイに備える 紫外線対策、きちんとしていますか? ふざけて部分的に塗ったらタイヘンなことになるくらい、最近...
【おとなの女のモノ選び】希少なはちみつ「マヌカハニー」で贅沢に穏やかにセルフメンテナンス
注目されるはちみつの薬効 なんとなくノドがイガイガする、もしかして風邪のひきはじめかな? とか、ちょっと疲れたのか、口内炎ができて...
【おとなの女のモノ選び】フリージングクッカーで夏の食卓を楽しくおいしく
贅沢素材のアイスクリームは夏の醍醐味 冷たいもののおいしい季節になってきました。今年の夏はどうやら猛暑になりそう、との予報も出てい...

最新記事一覧