貯金するだけがお金との向き合い方?

カテゴリ名:
終活

貯金と人生の関係性を考えてみる

貯金や倹約はとても大事なことです。このことは、みなさん十分に認識していらっしゃることでしょう。

将来のために貯金をしておけば、老後の生活を送る上で大きな安心感となります。

また、あらかじめ準備をしておけば突然の病気や事故など、予期せぬトラブルが起きてしまった時でも慌てず対処することが出来ます。

このように、もしもの時の心の支えにもなってくれる貯金ですが、必要な場面では使うことも大切です。

負担にならない範囲で貯蓄していくことが人生を有意義なものにするコツと言えます。

今一度、お金との向き合い方を考えてみる機会を作ると良いでしょう。

旅行に出かけることを目的にお金を貯める

ryokou2
趣味は何かと聞かれた際に、貯金と答えられる方がいらっしゃいます。

しかし、貯めることを目的としてしまうと使うタイミングを決めづらくなってしまいます。

そこで困らないために見極めるタイミングが必要になります。

貯蓄を目的にするのではなく、何かしらの目標のために貯めるということを明白にしましょう。

一生をかけて貯金しなければいけないという様な内容ではなく、ある程度貯めたら実行に移せるように目標建てておくと良いかと思います。

人生の選択肢は沢山あります。

ですが、体力的な面でに遠くへ出かけるのが難しくなってくることも考えられます。

そうなると、いくら沢山の貯金があっても行動に移せなくなってしまいます。

ご自身の時間に余裕が出来てアクティブに活動できる今はまさに良いタイミングです。

のんびりとした温泉旅行も良いものですが、名所巡りなどは体力を必要としますので積極的に出かけましょう。

健康が人生の基本と考えて行動する

yoga2
貯金をすることは大切ですが、そのために倹約し過ぎる生活は本末転倒で人生がつまらなくなってしまいます。

例えば、食費を抑えすぎたせいで味気ない食事が続いたり、栄養不足で病気になってしまったら意味がありません。

そのため、健康でいることを人生の目的として生活していくことも大切と言えます。

健康であればスポーツや観光、旅行など趣味の幅が広がり、更に有意義な生活をしていくことが出来るでしょう。

なお、そう言った観点から食事以外にも健康に役立つことに投資をしていくのも良いかと思います。

例えば、健康グッズを買ってみたり、禁煙に挑戦してみるなどはいかがでしょうか。

病気に強い身体を作ることが出来ればいつまでも活動的でいられることでしょう。

自己管理ができることで得られる満足感

無理のない範囲で貯蓄をし、健康に配慮した生活をしていくことで心身共に長く元気でいられることにより有意義な人生を過ごせます。

こういった自己管理がきちんとできることが満足感に繋がることもあるのです。

禁煙に挑戦してもすぐに断念してしまったり、お酒の飲み過ぎなどで不摂生をして体調を崩した時というのは、自己嫌悪に陥りやすく生活のモチベーションが下がってしまうものです。

そして、貯金をしておくといざという時に役立ちますが、病気になること前提で考えるのではなく、健康を維持する気持ちを先行させることが大切なのです。

なお、余裕のある生活を送ることは終活への負担が減り安心感も違ってきます。

これからを見据えた身の回りの整理には結構な体力を要しますので、精神的にも肉体的にも元気でいた方が良いものです。

今後の人生を考えることができれば、ご自身のしたいことに整理がつき更に満足感が得られることでしょう。

貯めることが大切なのはお金だけではない

happy
貯蓄をすることで様々なことが出来るようになりますが、体力もつければつけるほど色々なことが出来るようになります。

その為にも、単純に貯めることだけを考えるのではなく、ご自身の人生に役立つことへと考えることが大切なのです。

大切なのはバランスです。

ご自身が困らないように、そして楽しめるよう取捨選択をして、バランスの良い人生設計を行うことが、充実した日々につながっていくと言えるでしょう。

最新記事一覧