今、浅草のメロンパンが熱い!?人気店を食べ歩き。

カテゴリ名:
旅行

浅草には老舗の和菓子屋や
有名なお店がひしめく
まさに、グルメな街。

雷門から浅草寺へと続く
仲見世通りの両脇には
89店もの店が連なり
色々な味を楽しむことができます。

そんな浅草で、密かに注目を集めているのが
メロンパン
浅草でメロンパンなんて、
イメージがつかない?

そんなあなたは必見!
食べ比べてみたくなる
人気のメロンパン屋さんを
ご紹介します。

目次

1.アルテリア・ベーカリー

2.浅草花月堂

3.まとめ

1.アルテリア・ベーカリー

仲見世通りの中間を一本右に入ると
角に位置しているのが
アルテリア・ベーカリー」。

特に見た目のインパクトが抜群な
ホイップメロンパンを求めて
店の前には列が絶えません。

ホイップ、プレーン、メイプルの3種類があり、
暖かくなるとホイップクリームの代わりに
アイスクリームを入れて販売するんだとか。
早くも夏が楽しみになりますね。

こちらがプレーンのメロンパン。
外側はガリガリと歯ごたえがよく、
クッキーのような食感です。

真ん中からちぎってみると
中の生地はもちっとしていて
また違った食感が楽しめます。

浅草だけではなく、関東近郊各地、
岡山、福岡、そしてマレーシアにも
進出しています。

是非一度、ガリっ&もちっのハーモニーを
お試しください。

◆店舗情報

アルテリア・ベーカリー浅草店
住所:台東区浅草1-31-1
営業時間:10:00~19:00
(売り切れ次第終了)

HP: http://arteria-bakery.com/archives/512

2.浅草花月堂

雷門をくぐってすぐの通りを左に入ると
なにやら一際目を引く看板が。

どでかいメロンパンの写真と共に
「ジャンボめろんぱん」
1日3,000個販売される名物パン
とあれば、試さないわけにはいきません。

思わず袋から出して写真を撮りたくなるような
大きなメロンパンを提供しているのが
昭和20年創業の老舗、「浅草花月堂」。

プレーンのメロンパンの他に、
完熟リンゴのアップルパイもあります。
食べ歩きはできないので、軒先か、
店内で頂きます。

味のある紙袋の中には、
まだほっかほかのメロンパンが。
出来立てを頂きます。

発酵学を学んだ店主が
日本酒に近い低温長時間発酵という
独自の方法を考案して完成したのが、
このメロンパン。

外側はそんなに厚くないのに、
サクッサクな食感です。

真ん中からちぎってみると
中身はふわふわでとっても柔らかく、
パン自体の味もしっかりと楽しめます。

甘さ控えめで上品なお味なので、
年齢性別を問わずに
誰からも愛される一品です。
お土産にもいかがでしょう?

◆店舗情報

浅草花月堂雷門店
住所:台東区浅草2-2-10
営業時間:10:00~19:00
(16時には売り切れていることが多い)

HP: http://www.asakusa-kagetudo.com/modules/pico/index.php?content_id=19

3.まとめ

浅草にはまだまだ、知られていない魅力が沢山あります。

雷おこし、せんべい、饅頭に洋館、
定番グルメも勿論味わいながら、
たまにはメインの仲見世通りから抜けて
これらのメロンパンのように

また違う浅草の味を探求してみても面白いですね。

今度浅草に行く際には、
是非、この2つのメロンパンを
試してみてくださいね。

あなたの好みは、どっちでしょう?

この記事を書いた人

あんり

北海道生まれのマルチリンガルライター。元南米現地ガイドで、帰国後は通訳案内士として訪日外国人ガイドの案内や通訳・翻訳をする一方、旅行/語学系を中心に記事も執筆。

南米在住時からブログを通して、ラテン事情や観光情報等を伝えている。http://ameblo.jp/quito-anri/

最新記事一覧