「奥」浅草の名店散策vol3:米粉のシフォンケーキ専門店『otaco』

カテゴリ名:
旅行

浅草寺の裏を走る、浅草観音堂裏通り。

通称「奥」浅草と呼ばれるこのエリアには

老舗の和菓子店や昔からの飲食店が多く、

昔からのお客さんで賑わっていますが、

その奥浅草には珍しい洋菓子のお店を見つけました。

料理好きの店主が生み出す

安心安全なスイーツ店をご紹介します。

米粉のシフォンケーキ専門店『otaco』

浅草寺の本堂から裏に抜け、

浅草観音堂裏通り沿いを歩くこと3分。

ちょうど浅草寺病院の真向かいに、白い小さなお店があります。

こちらが今回ご紹介するお店、『otaco(オタコ)』です。

お店がオープンしたのは、2010年9月のこと。

お料理好きの主婦だった店主・尾谷(オタニ)さんは

趣味で自分の子供によくおやつを作っていました。

市販のおやつは美味しくても添加物が多く、

家庭で作るような体に良いものを使った

安心・安全なスイーツを沢山の人に届けることはできないか?

そう思い、ご主人の出身地浅草にotacoをオープンさせました。

こちらが店主の、尾谷理恵さん。

店名のotacoは息子さんのあだ名で、

尾谷の子=オタコ=otacoが由来です。

数あるスイーツのなかから選んだのは、

シンプルで素材の味をしっかりと味わえて

自分が好きだったシフォンケーキ。

小麦粉で作るより、もっとしっとりとした食感を出したいと

オリジナルのレシピに幾度も改良を加え、たどり着いたのが、米粉

もっちり感を出すことができ、脂質が低く体にも良い素材なので、

全国でも珍しい、米粉シフォンケーキ専門店になりました。

otacoの特徴は、まず、体によい素材のみを使用しているところ。

赤ちゃんのファーストスイーツにと買っていく人もいるほど、

安心で安全、全てが無添加です。

国産の米粉を使う以外にも、

砂糖は上白糖に代わり、キビ砂糖を使用。

ミネラルが沢山含まれていて、コクや風味も増しました。

こだわりの卵は、茨城県の奥久慈卵

自然溢れる環境で育ったニワトリから生まれる卵には

濃厚でうまみがギュッとつまっています。

otacoのシフォンケーキはベーキングパウダーを使わないため、

卵の白身がいかに盛り上がるか?が勝負。

何種類もの卵を試して辿り着いたのが、この奥久慈卵です。

ちなみに最も大変なのが、この卵の分量だそうで、

ニワトリの元気さによって、適切な配合量が変わってきます。

気温や季節によっても変わりますので、

その時々に合わせて分量を調整しなければならず、

生き物相手なので大変です。

他にも、油は無農薬の北海道産なたね油を使ったりと、

とにかく体によい安全な素材を使っています。

二つ目の特徴は、豊富な種類の味を楽しめること。

常時販売している、

・プレーン

・アールグレイ

・モカ

・抹茶みるく

・ココア

の5種類に、日替わりの味を2~3種類販売しています。

取材に伺った日は、ラムいちじくと、カラメル味がありました。

日替わりは季節の素材を使用して、

春はさくら、夏はココナッツ、秋は、冬はレモンなど。

ちなみにレモンは夏のイメージが強いですが、夏レモンは緑色なので

無農薬の冬レモンで、黄色い色味のシフォンを作るそうです。

店主のおススメは、アールグレイ

ちなみにご主人はモカ、息子さんはプレーン

そして娘さんはあずき味が好きなんだそう。

どの味も魅力的で、全種類1つずつを買っていかれるお客さんも多いとか。

お値段はプレーンが1切れ260円。

味により値段が異なりますが、お手頃価格です。

百聞は一見に如かず!ということで、

私も購入させて頂き、じっくり味見いたしました。

まずはこちらが定番のプレーン味

指でゆっくりとちぎるだけで、もっちり感がわかります。

口に入れるとシュワっという音がしそうな、

まさに泡をつぶすような柔らかさ

店主イチ押しのプレーン味は、とってもシンプルながら

卵の濃厚な味と素材の旨味がとても素直に伝わります。

一番人気だというのも、納得です。

次は、アールグレイ

ふわっと香るベルガモットの風味が、ちょっぴり大人。

プレーン程ではありませんが、卵の旨味も感じられて

アールグレイ茶葉の食感が新鮮です。

そして、手前が抹茶ミルク、奥がモカです。

抹茶ミルクは、定番のプレーン味と抹茶の両方が味わえます。

味は決して濃くはありませんが噛むとしっかりと抹茶の風味

プレーン部分のやさしい卵の旨味と合わさって

とてもやさしいお味です。

最後はモカ味。写真からもっちり感が伝わるでしょうか?

袋をあけた瞬間にコーヒーリキュールの香りが漂い、

ほろ苦く大人のテイストです。

ビターな感じが最後まで口の中に残るので、男性に人気で、

甘いものが苦手な人にも好まれそうです。

オープンから丸7年。

お客様は近所の人々は勿論のこと、

噂を聞きつけて地方から来てくれる人もいれば、

最近は海外の観光客からも人気を集めています。

今までは日本人のお客様がほとんどでしたが、

最近では海外からいらっしゃる方も多くて、

小麦アレルギーやグルテンフリーしか食べられない方

事前に店のことを調べてご来店されます。

日本は小麦が使用されている食事が多いので、大変みたいです。

また、台東区のハラル認証(JHFマーク)を取得しているので、

イスラム教の人々も食べることができます。

※アルコール入り等、ハラルNGの品には認証マークはついていません

10:30~18:00の営業ですが、

午前中で売り切れてしまう味があったり、

15:00以降だと完売している日も多いそうです。

電話での取り置きも可能なので、

買いに行く日が決まったら、電話予約をすることをお勧めします。

単品の他、4色・6色・12色セットや、ホールでの販売もしています。

※ホールは要事前予約

ちなみに、午前中の早い時間に行くと

品質は同じながらも形崩れしたり穴があいてしまった、

所謂B級品を少しお安く販売していることもあるそうです。

オープンを目掛けていくといいことがあるかもしれません。

地方発送も可能ですので、詳細はお問い合わせください。

もっちり、しっとりした食感が楽しめる

やさしいおやつに是非会いに来てください!

ご主人の落書きを基にした店のロゴの前で、

優しい笑顔でお答えくださった、尾田さん。

家族と食への愛に溢れる、米粉のシフォンケーキ専門店・otaco

ご家族へのお土産に、お友達への手土産に、赤ちゃんへのお祝いに、

安心・安全のotacoのスイーツを、是非ご賞味ください。

店舗情報

住所: 東京都台東区浅草3-5-1

電話:03-6458‐1375

営業時間:10:30~18:00

定休日:日曜日

HP:http://otaco-sweets.com/

Facebook:https://www.facebook.com/米粉のシフォンケーキ-otaco-377884852284205/

この記事を書いた人

あんり

北海道生まれのマルチリンガルライター。元南米現地ガイドで、帰国後は通訳案内士として訪日外国人ガイドの案内や通訳・翻訳をする一方、旅行/語学系を中心に記事も執筆。

南米在住時からブログを通して、ラテン事情や観光情報等を伝えている。http://ameblo.jp/quito-anri/

▼まずは近場から旅を!「都内の隠れた名店」シリーズ▼

クリーミーで濃厚な味わいがたまらない!小石川の小さなチーズケーキ工房・『PaLuke』
茗荷谷駅から徒歩6分。 文京区小石川に昨年、 小さなカフェ&ケーキ工房がオープンしました。 あまりにも美味しいチー...
日本初!薪で炊くパエリアが食べられる、『El Tragón』
東京都内に数多くある、スペイン料理屋。 立ち飲みバルやタパス専門店、 気軽に入れるカジュアルな店から 本格的なスパ...
板橋の小さなイタリアン 『taverna minimo』
東京のベッドタウンであり 池袋から1駅に位置する 板橋。 小さな飲み屋や大衆居酒屋が 大半をしめるこの板橋の...

最新記事一覧