一人旅を10倍楽しむために、準備しておくこと

カテゴリ名:
旅行

一人旅を思いっきり楽しむための心得とは

一人旅と聞いて寂しい旅行だと感じる人はいらっしゃるでしょうか?

最近では幅広い年代の女性が一人旅を思いっきり楽しんでいます。特に40代、50代以降の女性が一人で旅に行くことは珍しくありません。

一人旅よりも複数人で行くほうが楽しいという方もいるかもしれませんが、一人で行く旅はまた違った楽しみ方ができるとして、近年女性の一人旅は爆発的に広まっています。

その理由の一つがインターネットによる情報の普及でしょう。

簡単に情報が手に入り、口コミという手段で情報の正確さを得ることができます。

一人旅が流行る反面、楽しむための心得も必要です。

ここでは楽しい一人旅を味わえるようにする考え方と方法を解説します。

トラブルを避けるために『危険』を察知する

caution

日本ではそこまで危険に出会うことは少ないかもしれませんが、海外ですとプチトラブルは起きる可能性はありますよね。

特に犯罪関係のトラブルは注意が必要です。

もちろん犯罪に巻き込まれないことが第一ですが、日本国内ならまだしも海外への一人旅はこの「犯罪の可能性」を第一に考えます。

そこで初めて海外に一人旅に行くなら、『慣らし』という意味も含めて比較的治安のよい、安全な地域から選びましょう。

あたり前だと思われるかもしれませんが、実は日本で生活している方の多くが『安全』ということに慣れすぎていて、海外の危険情報に疎いということがあります。

例えば現地の方なら決して近寄らない場所に平気で出かけてしまう、人前で大きなお財布を出してお金を払うといった行為です。

前者は情報を収集していれば避けられますし、後者は旅行用のお財布を携帯するようにして人前では出さないくらいの気を遣いたいものです。

普段何気ない行動が海外ではトラブルに発展するというケースが多いのです。

びくびくして旅行に行きましょうという意味ではなく、危険を察知する能力が大切です。

楽しむなら、事前に十分な情報を収集して厳重すぎるほど現地情報や口コミ情報を得ておく。

その上で行く先の情報を事前にシミュレーションしておけば、大抵は何も起きません。

一人旅だからこそ出会いと機会を大切に!

The fire at night
旅の醍醐味は知らない土地での人との一期一会でしょう。

そしてそこから楽しいイベントに巡り合えたり、知らない観光スポットを発見したりします。

そこで引っ込み思案にならずに、出会いを楽しみに変えて、同じ一人旅をする女性同士でツアーに参加するのも楽しい思い出になります。

女性はとかくどの年代でも『グループの掟』のようなものがあったりします。

良い時には集団力を発揮しますが、それに縛られて楽しめないということもあるでしょう。

一人旅はそんな縛りがなく、自由に時間が使えます。

だからこそ現地での人の出会いを大切にして、積極的に話しかけてみるのも大切です。

無理にフレンドリーにする必要もありませんが、せっかくの出会いを棒に振るのはもったいないことです。

そしてそこから思わぬ発見をすることもあります。

普段自分が意識しなかった『自分と子供の関係、自分と夫との関係、自分と職場の人との関係』等々。

普段悩んでいる方なら、自分の存在を改めて考え直す良い機会になるでしょう。

このような『気づき』ということに自分だけの時間を使えるのも一人旅の良いところです。

一人旅だからこそストレスフリーになること

stress free
普段ストレスが溜まる生活をしている場合、一人旅でストレスを発散させるというのも良いでしょう。

一人で自由な時間を使う、好きな場所に行く、やりたいことだけをやるということが大切です。

逆にやりたくないことは徹底的に排除してみましょう。

無理に人に合わせる必要もありません。

料理が合わないなら、無理に食べる必要もありません。

我儘になるということではなく、極力やりたくないことはしないようにすることが大切です。

女性は我慢強い方が多いので、普段の生活でも誰かのために我慢をしていることが多いのです。

結果的に一人旅に出ても『お店の方に悪い』とか『途中で出会った人の気を悪くする』などと考えて気を遣ってしまう人もいるかもしれませんが、せっかくならばあえて気を遣わずにオープンマインドで行きましょう。

一人旅は一人だからこそストレスフリーになることが大切です。それこそストレスを発散して、上手に元の生活に戻るコツなのです。

ストレスを残したままでは、せっかくの旅が台無しです。時には自分に合わないことを切るということもやってみましょう。

一人旅は自分を見つめなおす旅にもなります。

普段やらないことに挑戦してみる、旅先で食べた食事をインスタグラムなどにアップするなど、自分が行った旅先の軌跡を残すこともやってみましょう。

例えば、旅先から絵葉書を送るのもレトロ感があってなかなか良いものです。とかくすぐSNSやメールで誰かと連絡を取りがちですが、たまにはゆっくり合間を置いて連絡を取るのも良いでしょう。

女性一人旅、ぜひ楽しんでくださいね。

最新記事一覧